review

米長邦雄永世棋聖vs.ボンクラーズ。人とコンピュータどっちが強いの? 将棋電王戦

さて、そんなさなかに行われたのが、1月14日(土)に行われた「将棋電王戦」です。棋士対コンピュータの五番勝負と銘打った、プロ棋士側も本気で戦う対決になります。コンピュータ側は昨年のコンピュータ将棋世界選手権で優勝した「ボンクラーズ」というソフト、対する棋士側は米長邦雄永世棋聖です。

まずは対局するお二人のプロフィールを見てみましょう。ニコニコ生放送で出てきたプロフィールを引用してみます。

米長邦雄永世棋聖
通算成績は1103勝800敗1持将棋
タイトル獲得数19期は歴代5位
昭和59年度には四冠を達成
49歳11ヶ月での名人位獲得は最年長記録
2003年に現役を引退され2005年より公益社団法人日本将棋連盟会長をつとめる

ボンクラーズ
株式会社富士通研究所の伊藤英紀が開発
第21回世界コンピュータ将棋選手権優勝
現在は将棋倶楽部24に自動運転で参戦
レーティングは約3300
トップ棋士並みの成績を残している

米長邦雄永世棋聖(以後、米長会長と記します)は2003年に引退したものの、昔は世界一将棋の強い男(当時強かった人達を倒して四冠を取ったので)とも言われていました。引退してからかなり経つ超一流の棋士というのはいったいどのぐらいの棋力であるのかちょっとわからないのですが、強いということには間違いはないでしょう。

対するボンクラーズは文字通り世界最強の将棋ソフトです。表向きの名前の由来は「ボナンザクラスターズ」の略で、これは複数のコンピュータの合議制という意味になります。裏の意味は、あれです。「あずまんが大王 ボンクラーズ」で検索してみてください。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年1月18日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース