bit

東京マラソンなんて目じゃない!? うっかりサハラ砂漠250kmを走ってしまった男の話

空前のランニングブーム、昨日の東京マラソンも大分盛り上がっていましたね。

10mさえ走る気になれない人にはフルマラソンなんて狂気の沙汰にしか思えないでしょうが、世の中にはフルマラソンなんて目じゃない程の長距離を走るレースがあることをご存知ですか?

それはウルトラマラソンと呼ばれ、100kmマラソンや24時間マラソンなど超絶的な距離を走るものです。中でも最も過酷なレースのひとつと言われているのがサハラ砂漠を250kmを走るサハラレースです。

一体どこの物好きが何を考えてそんなレースに参加するのか、話を聞いてみることにしました。

お答え下さったのは2011年サハラレースに参加された黒澤洋介さん(37歳)。一体どんなレースなのでしょうか?

「サハラ砂漠250kmを7日間かけて走ります。とはいえ最終日は2kmだけのセレモニー的な日ですし、オーバーナイトといって一晩走り続けるステージの翌日は休みなので実質5日間で走りきることになります」

「コースは砂砂漠もあれば岩砂漠のようなところもあります。途中砂丘のようなところで360度どこを見渡しても自分しかいないということもありましたね」

―― かなり過酷で危険なレースですね。

「はい、ですから主催者も万全の体制を期しており、持っていく荷物まで細かく規定されています」

公式ホームページのリストを見るとなんとリュック、寝袋をはじめトイレットペーパー、常備薬、食料までにおよぶ29種類に渡る必需品とiPod、デジカメやスポーツブラに及ぶ細かい22種類の参考備品が記されていました。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク