review

相葉雅紀主演「三毛猫ホームズの推理」はどうなるのか!?

相葉雅紀主演「三毛猫ホームズの推理」はどうなるのか!?
『三毛猫ホームズの推理』赤川次郎/角川文庫
いよいよ明日、4月14日(土)から、相葉雅紀主演の推理ドラマ「三毛猫ホームズの推理」が放映される。原作は西村京太郎や森村誠一らと並ぶ日本ミステリー界の巨匠・赤川次郎だ。赤川原作の連続ドラマは2008年の「4姉妹探偵団」以来4年ぶり。〈三毛猫ホームズ〉シリーズがドラマ化されるのは、1998年以来だから14年ぶりということになる。過去のドラマ版〈三毛猫ホームズ〉シリーズについては後で書きますね。

原作を読んだことがない方のために、簡単に解説をしておこう。ドラマを観るときの参考にしてください。
シリーズ第1作の『三毛猫ホームズの推理』で片山義太郎刑事がデビューした際、警視庁における彼のあだ名が「お嬢さん」であることを読者は知らされた。作者の赤川次郎は、彼の風貌をこう説明している。

ーーノッポで、ひょろりと長い体に、丸い童顔が乗っかっている。長い足を持て余すような歩き方をするのが、何となくキリンを連想させてユーモラスである。ちょっと撫で肩で、目も鼻も丸くできている温和な顔と合わせて、優しい女性的な印象を与える。

もっとも、「お嬢さん」と呼ばれる理由はこの風貌ではない。彼は血を見るのが大嫌いで、貧血を起こしそうになるほどなのである。「何言ってるの、男性よりも女性のほうが血には強いんだよ」という反論もあるかとは思うが、ご勘弁願いたい。なにしろ義太郎が読者の前に初めて登場したのは1978年、今から34年も前のことだ。そのころは男とは強いもので、小説やドラマの中の刑事はマッチョな男がなるもの、という通念が支配的だったのである。そんなところに背ばっかり高くて頼りない「お嬢さん」刑事が現れたものだから、とても斬新な感じがしたのだ。だって1978年といえば「太陽にほえろ」だって全盛期。ひげ面のロッキー刑事(木之元亮)が画面を駆け回っていたころである。同じノッポの松田優作は「大都会Part2」に出演していたしな。おお、石原プロ製作刑事ドラマの最高傑作じゃないか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。