bit

フォークの背にライスを乗せて食べますか?

フォークの背にライスを乗せて食べますか?
フォークの背にライスを乗せて食べるの図。
レストランなどでハンバーグセットやステーキセットといった洋食を注文すると、ライスが皿に盛られて出てくる場合が多い。茶碗と箸で食べてもライスであることに変わりはないのだが、皿のライスをフォークで食べると、“いかにも洋食”な気分を味わうことができる。

ところで、この皿に盛られたライスとフォーク。読者の皆さんは、どのようにして食されているだろうか。レストランなどで食事中の客を見るにつけ、多くはフォークの腹の部分にライスを乗せて食べているように思われる。

しかし、フォークの背の部分にライスを乗せて食べている客も時折見受けられる。普段、フォークの腹にライスを乗せて食べる筆者としては、フォークの背に乗せると食べづらいのでは、と思ってしまう(背に乗せて食べるのが当たり前の人にしてみたら、腹の方が食べづらいのかもしれないが)。そしてまた、洋食のマナーとしてフォークの腹と背、どちらに乗せて食べるのが正しいのか、ふと疑問にも思った。

そこで、まずはマナーに関して調べてみた。すると、皿に盛られた洋食形式のライスの正しい食べ方は「特に無し」であることが判明した。そもそも、欧米ではライスは主食ではなく、野菜の一種。日本のレストランのように、皿にたっぷりと盛られたライスを食べる習慣が欧米にはない。日本独自の食べ方であるがゆえに、決まったマナーは特に無し、というわけである。

ただ、ひと昔前まではフォークの背にライスを乗せて食べることが正しいマナーである、という認識が日本人の間に広く持たれていたようだ。なるほど、たしかに最近のレストランでフォークの背に乗せて食べる客は、年配の人が多いように思われる。以前まで定着していたマナーが身についている世代といえよう。

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース