bit

総工費100億円と噂のロボットレストランに行ってきた

総工費100億円と噂のロボットレストランに行ってきた
話題のロボットレストランは新宿・歌舞伎町にある。
「総工費100億円!」「シュールなロボットを乗せた宣伝カーが街中を走っている」などと、ネット上でもなにかと話題になっている、「ロボットレストラン」に行ってきた。

ロボットレストランは、新宿・歌舞伎町の、明るいネオンが眩く圧倒的なパワーを感じる作りのビルにある。
はじめに通される待合室は、壁中が、まぶしすぎて直視できないほどの電飾で埋め尽くされており、まるで近未来アニメの世界観のような雰囲気。待合室中央には、宣伝カーでおなじみのあのシュールで巨大なロボット2体があり、実際に乗って遊ぶこともできる。

男性は26歳以上から、女性は16歳以上からという年齢制限がもうけられている。オープンは18時または19時から。1日3〜4回やっている公演はその日によって時間が異なるので、事前に調べてショー開始時間に合わせて行くようにしよう。

メイン会場は地下。そこに行くまでの階段やエレベーターなども、なにからなにまで電飾で光り輝いており、ぬかりがない。
そして、いざ会場について知るのは、「レストランではない」ということだ。スクリーンモニターで囲まれたホールの真ん中には通路があり、それを挟むような形でイスが並んでいる。観客は60名程で満席状態。客層は様々だが、男女比は半々くらいで30代~40代前半あたりの人が多いように見受けられた。指定された席に付くと、幕の内弁当とペットボトルのお茶が用意されている。

ロボットショーは全部で4~5幕に分かれており、合計で1時間程だ。太鼓のけたたましい音で開演すると、露出度高めの衣装をまとった女性ダンサー達15人程度が太鼓やドラムをたたき、歌を歌いながら客の目の前で踊り始める。次の幕はマーチングバンドをモチーフにしたセクシーな衣装と演出。小太鼓の演奏などがなかなか上手い。

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る 2012年9月11日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース