review

100年後に残したい美味しい本を決定「100年『食本』プロジェクト(仮)」

食事は、独りよりも親しい誰かと一緒の方が楽しいし美味しい。
本やマンガも、誰かと感想を言い合った方がより楽しいし発見も多い。
じゃあその2つ、まとめてしまえばいいんじゃなかろうか。

そんな願望を叶えてくてるトークイベントが、下北沢のB&Bにて開催された。
「給食系男子と作る、 100年『食本』プロジェクト(仮)」
『家メシ道場』『家呑み道場』というレシピ本が人気の素人おっさん料理人ユニット・給食系男子主催の、レシピ本や料理マンガなどなど「食にまつわる本=食本(しょくほん、と読む)」について料理やお酒を楽しみながらアレコレ語り合おう! という食道楽にはたまらないイベントだ。

食本とは何か? イベントではその定義も含めて議論したいということで、まず例に挙ったのが「食マンガ」。確かにここ数年、『深夜食堂』『花のズボラ飯』『孤独のグルメ』などがぞくぞく映像化されるなど食マンガは量・質ともに充実している。古くは『オバケのQ太郎』における「ラーメンの小池さん」をはじめ、マンガと食には深い関係性があるのは間違いない。
当日、飛び入り参加したという、漫画家ユニット「うめ」の小沢高広さんが「マンガと食」について語ってくれた。

「マンガに描く上で食べ物は重要。なぜならキャラクターが見せやすいから。何を食べるか、そして食べ方によって、すごくその<人>が出やすい。キャラクターを短いページで印象づけるには料理のシーン、食べるシーンってすごく大事なんです」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク