bit

人気クイズ作家の謎の生活~知識をどのようにして頭に入れているのか?

人気クイズ作家の謎の生活~知識をどのようにして頭に入れているのか?
クイズ番組・問題研究ノート。耳で聞いた問題文を全て書き写して、どういう言い回しをしているのか等、研究したもの(日高大介氏 所蔵)。ちなみに、いつも使っているペンは、日高さんお気に入りの「ジェットストリーム」
クイズがあるところに、クイズの問題を作る人あり。なんでも知っていないと務まりそうもない“クイズ作家”というお仕事。果たして、どのようにして知識を得て問題を作っているのか?今回は「全国高等学校クイズ選手権(以下:高校生クイズ)」「パネルクイズ・アタック25」「タイムショック21」など、数々のクイズ番組への出演を経て、「高校生クイズ」「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」などで使用する問題を作っている人気クイズ作家、日高大介さんにお話を伺った。

――どのくらいの数の問題を作ってますか?
「毎年平均で1万問程度です」

――1万問!!!
「クイズといっても、テレビのクイズ番組だけではなく、ラジオ、新聞、雑誌、ネット、ゲームなど、あらゆるメディアで作成しています。問題を作成するだけではなく、答えが本当に合っているかどうかを調べたり、問題のレベルが適切か、言い回しに間違いがないかなどを確認したりもします」

――たくさんの問題を作るとなると難しいと思いますが、そもそも、日高さんの場合、知識はどのようにして頭に入れていますか?
「僕の場合は、知らない言葉を耳にすると、とりあえず最初は頭の中に入れておくというイメージです。2回めにその言葉を聞いた時に調べるようにしています。違うメディアでも同じ言葉が出てきたら、それは浸透しているということですから」

それなら安心。クイズにハマっている人は、知らない事が出てくると、すぐにくまなく調べて暗記しているというイメージがあるが、日高さんの場合は1度めはメモをとらずに、2回めでメモをとるということだ。(「もちろん、人によります」とのことです)...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年3月4日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース