bit

竜巻が起きやすい場所や対処法を知りたい!

9月2日に、埼玉県から千葉県にかけて猛威を振るい、大きな被害をもたらした竜巻。
ニュースで映し出される・語られる人たちは、動画を撮っていたり、窓から見たり、外に飛び出したりと、その対応はまちまちだった。

日本では昔から地震のときの対応は学んできているが、竜巻に対する知識は実に少なく、「遠い外国のもの」といったイメージを抱いてきた人すらいるのではないだろうか。

日本ではどんな場所で竜巻が起きやすいのか。また、どんな状況になったら注意すべきなのか。対処法などについて、気象庁の天気相談所に聞いた。

「昔は実態がつかめていなかっただけで、竜巻は実は日本でもたくさんあって、いつでも、どこにでも起きます。沖縄のほうが多いとも思われていましたが、それは観光客が沖合で起きるものをたまたま見つけるケースが多かっただけで、北海道でも起きますし、『起きない場所』というのはありません。また、一年中起きない時期というのもありません。台風には安心情報はないんです」
「平野部が多い」という説もあったが、実際には山の渓流部にもたくさん起きているそうで、都内でも多摩地方でたくさん起きているという。

では、どういう状況になったら注意が必要なのか。
「前兆は、『白い雲が急に黒くなる』こと。竜巻だけじゃなく、雷や突風、大雨などのときも同様で、いずれも油断できません。また、『黒い雲が遠くから近づいてくること』『急に冷たい風が吹いてくること』などもあります」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「竜巻が起きやすい場所や対処法を知りたい!」の みんなの反応 18
  • 匿名さん 通報

    ミカンかタコに行け!

    1
  • 匿名さん 通報

    凄まじい遡りだな(_ _).oO地球の気象を司るものは,日照(太陽つまり恒星活動)・空間密度(大気つまり混合気体の分子量/体積)・地形(海洋:大陸=7:3)

    0
  • 匿名さん 通報

    それぞれ日照は主に気温を,気温による分子運動は大気圧を,空間密度は気流と成層(温度の層など界面)を,地形は対流や循環をもたらすもの。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月5日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。