bit

豆腐がゼリー飲料に!? 新感覚の大豆ドリンク

豆腐がゼリー飲料に!? 新感覚の大豆ドリンク
添加物を使っていないのも嬉しい「大豆まるまるドリンク」
先日、近所の店でユニークな商品を見つけた。その名も「大豆まるまるドリンク」。

ゼリー飲料のような容器に入っており、見た目は豆腐っぽいが、裏面の説明には「大豆ドリンク」とある。いわゆる豆乳とは別物なのだろうか? とりあえず1つ買ってみることに。

ひと口飲んでみると、まずはその旨味にビックリ! 大豆の甘味たっぷりで、とにかく濃厚。一般的な豆乳ほどサラリとしておらず、まったりとした口当たり。絶妙な喉越しは、まさにゼリー飲料のようでもある。味わいにヘンなくせもなく、濃厚な豆腐をそのまま食べているような感覚だ。

商品を製造する山梨県南アルプス市の株式会社ソイワールドの長澤社長に話を聞いた。
「既存の豆乳との大きな違いは、大豆がまるごと入っているので、おからが出ないこと。畑の肉ともいわれる大豆本来の栄養素と旨味がそのまま凝縮され、食物繊維やイソフラボンなども豊富です」

実は、農水省「豆乳類の日本農林規格」の中で「繊維質を除去して得られた乳状の飲料」とされているため、「大豆まるまるドリンク」は豆乳とは名乗れないそうだが、実際の味わいも、巷の豆乳とは一線を画している。消包剤や乳化剤などの添加物も一切使っておらず、原材料は大豆と水だけというシンプルさ! 大豆は山梨県産、水は自社で掘削したという井戸から取水した南アルプスの伏流水を使っている。

ちなみに、豆乳ににがりを加えて固めれば豆腐になるが、同社では豆腐も作っている。こちらは「大豆まるまる おっとうふ」。ドリンク同様、芳醇な大豆の香りや旨味は感動モノ。さまざまなにがりを試した結果、三重県尾鷲沖の海洋深層水のにがりにたどりついたそうだ。

あわせて読みたい

  • 「とうふの日」に、今度はザクとズゴックが豆腐になって現れた

    「とうふの日」に、今度はザクとズゴックが豆腐になって現れた

  • “やわやわブーム”に対抗するか、堅豆腐

    “やわやわブーム”に対抗するか、堅豆腐

  • 豆腐の「1丁」の大きさに決まりはあるの?

    豆腐の「1丁」の大きさに決まりはあるの?

  • コネタの記事をもっと見る 2013年9月19日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース