review

ガイナックスを辞めた理由。新作「キルラキル」トリガー大塚雅彦代表に聞く1

グループ会社になったことでかかわった「ブラック★ロックシューター」

───設立した頃、最初は何をしようってことになりました?今石さんの作品もすぐに始められないですよね。
大塚 いきなりテレビシリーズとかは当然無理なんですが、準備はできますから、中島さんら文芸チームはシナリオの打ち合わせを始めたんです。ちょうどその頃、ウルトラスーパーピクチャーズのサンジゲンとオースで「ブラック★ロックシューター」を作るという話があって、サンジゲンから「異次元パートを全部CGでやろうと思っているから、今石さんに演出してもらえないか」って依頼がきたんです。ちょうどグループ会社にもなるし、我々としても準備をしながら体力をつけたいと思って。CGパートだけだからそんなに負担じゃないかなって思って、今石監督に相談したら「そのぐらいだったらやれるでしょ」って言ってくれてやることになったんです。でも、やりはじめたらやっぱり今石監督は他の作業ができなくなって(笑)。その頃、中島さんも「仮面ライダーフォーゼ」の仕事が入っていたので、まずはそれぞれの仕事を終わらせましょうとなって、いったんお休みになりました。

他の作品を作りながら、いよいよ「キルラキル」へ全力投球

───その後しばらくは他の作品を作っていくわけですね。それは後で詳しく伺うとして、まずは放送目前の本題「キルラキル」の話ですね。「グレン」「パンスト」と同じチームでやっていますが、一貫して目指しているものやテーマは何かありますか?...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年10月3日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース