review

だれも談志の臨終には立ち会えなかった。立川生志と立川談慶が語る立川流2

       
立川流真打の落語家が師・立川談志と自身の修業時代を語る対談。後編です。前編はコチラ

■真打を賭けて談志と勝負する
───生志さんは、2004年東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターで勝負を賭けた「真打挑戦公開LIVE」で、満座のお客さんを前にして師匠に昇進を否定されるという屈辱を味わいました。舞台の上で談志が決を下してくれないまま会場の終了時刻が迫ってくる。やむなく生志さんが自ら昇進辞退を言い出すという。ご著書の『ひとりブタ 談志と生きた二十五年』で山場のひとつとなるエピソードです。

生志 あれはもう本当につらかったですよ。絶対今日はこの人は「うん」と言わないと判った。いや、なし崩しで決めさせても「俺は認めてねえ」と後で言い出しかねない。だからよそうと思ったんです。とりあえず会場の延長料金を払うのだけはいやだ(笑)。自分から言わないとけりがつかないから、「次、がんばります」と言ったんです。そしたら「そうか?」って速かったですね。僕が言うのを待ってたんですよね。

───そのときの師匠の心中をどう分析されますか?

生志 お前が俺に歯向かってきた事実は、これくらいじゃ帳消しにはならないぞ、っていうことなんじゃないですか。はっきり言えば僕に対するいじめでしょう。

───感情論なんですね。

生志 そう思っちゃうとまた歯向かうしかなくなっちゃうから、なるべく考えないようにしました。とにかく師匠が踊りを見せに来いと言ってるんだから、稽古をして見せに行こう、と。このひと(談慶)は師匠に向けて一点突破をしようとした。僕はそうじゃなくて談志の言葉より歌や踊りのお師匠さんたちが教えてくれることを大事にしようと考えたんです。その時点で、談志に歌舞音曲で認められようという考えは消えました。それよか、先生たちに「よくなった」って言われたほうが嬉しい。それでも二つ目のままだとしたら、そんなの関係ない。他の真打ちの人を見ても俺の方がうまいっていう自信もあったしね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「又吉直樹」のニュース

次に読みたい関連記事「又吉直樹」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。