bit

日本人にも伝わりづらい伝統芸能 海外で教えるコツは?

日本人にも伝わりづらい伝統芸能 海外で教えるコツは?
パリ天理日仏文化協会で行われた講演会の様子
海外に日本文化を伝えるということは、具体的にどのようなことなのか。
江戸時代から続く日本舞踊「代地」藤間家の後継者で、海外公演の経験も豊富な藤間蘭黄さんに、外国で日本の伝統芸能を紹介する際の、コツや苦労話をうかがってみた。

――今までにどのような国で演じましたか?
米国、ブラジル、メキシコ、ドイツ、フランス、エストニア、ロシア、ウクライナ、アイルランド、トルコ、シリア、レバノン、モンゴル、韓国で公演をしました。
例えば国の文化紹介事業として訪れる場合は、日本文化の紹介が目的なので、シリアやレバノンなど日本文化に触れる機会が少ない国や、日本文化が知られていない地域が多いです。

――日本舞踊の場合、海外公演は何人で移動するのですか?
最小単位だと私1人で行きますが、普通は踊り手3人から4人、衣装1人、カツラ1人、後見(舞台補助)1人から2人の計7人前後です。もう少し規模が大きくなると、そこに三味線、歌、お囃子(笛や鼓など)の演奏者が入り、20人前後になります。

――舞踊なので、言葉が通じなくても視覚や音楽で伝えられますが、それだけでは外国人に十分理解してもらえない時もあると思います。海外公演では、どのようなことに気をつけていますか?
海外の方は、私たち日本人が共通認識として持っている歴史・文化的背景が異なるので、より細かなところまで説明が必要です。「吉原」が良い例で、舞台を見た時に「花魁」を「ただの遊女」と捉えると、まったくイメージが異なってしまいます。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月12日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。