review

「ホモ人狼」「オタク人狼」……人狼アレンジゲームに潜む「差別意識」

けれど、それ以外の差別意識、特に一般的に「強者」に分類される人に対する差別意識は、意外と表ざたになりにくいものだ。

同じく人狼のアレンジゲームで、5月22日に「オタク人狼カード〜リア充を探せ!〜」が発売された。このゲームは『となりの801ちゃん』の小島アジコがカードデザインをしたもので、「村人」を「オタク」、「人狼」を「リア充」と置き換えている。
リア充とは、「リアル(現実)が充実している人」を意味するネットスラング。ざっくりイメージすると、大学のテニスサークルで友達や恋人とワイワイしている人物とでもいえばいいだろうか。
「オタク人狼カード」は、オタクコミュニティに潜んだ「リア充」が、「オタク排除計画」を企んでいるという設定。彼らの嘘を見破り、コミュニティから追放するのが目的だ。
このゲームは、ネット上でかねがね好意的に受け入れられている。しかし、たとえばこれがもし「村人」が「リア充」で、「人狼」が「オタク」でだったら? リア充コミュニティに隠れたオタクを追放するという内容だったら、批判は避けられなかっただろう。
ネット上で「リア充叩き」はウケる。人を引き付ける強いフックにもなる。いわゆる「弱者」から「強者」への差別意識は気づかれにくい分、根深くグロテスクだ。

人狼は「魔女狩り」の要素も含んだゲームだ。ファンタジーの設定ならともかく、現実に落とし込んでアレンジすると、とたんに「異分子の排除」要素が目立ってしまう。全方面を意識することは難しくても、暴力的な一面を忘れないようにしなければならない。
(青柳美帆子)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。