review

大炎上「TVタックル」アニメ規制特集、規制賛成派から見た「オタク」の姿

オタクの世界は過激な発言がもてはやされやすい。特にインターネットは「自分がいかにヘンタイか」を競うチキンレース状態にある。そのノリに馴染みのない人たちの前で同じことをやっていたら、「オタクはヘンタイ」と思われてしまっても仕方がない。


■「幼く、女の子みたいで、恋愛できないオタク」

阿川はオタク3人の休日のVTRを見て、「女の子の遊びみたい」と呟く。「中学になったらマンガから卒業しましょう。高校になったら恋愛をして、それが大人になるステップ」を辿ってきた阿川にとって、アニメや漫画は「子どもっぽいもの」であり、「本来なら卒業しておかなければいけないもの」である。
企業から内定が出たオタクに対して「社会に出ることへの不安はない?」と尋ねるのも、通過儀礼を経ていないように見えるオタクに疑問が残るのだろう。

阿川と同じ感覚を持っているのが平林都だ。
「艦隊これくしょん」の比叡についてアツく語り始めるオタクに対して、平林は「そんなヒマがあったら勉強しろ!」と叫ぶ(その返答は「僕は日本史センター試験98点ですよ!」)。これは、オタク=漫画やアニメを卒業できていない=勉強や本を読む行為に向かっていない、という連想から出た発言ではないだろうか。

そして、話は「オタクの恋愛」に至る。彼女たちの目からはオタクは「幼稚で未熟な存在」として見えているし、低年齢の美少女を好きになる理由を「(自身が子供だから)成熟した女が怖い」とする。これに対して、規制反対派も、3人のオタクたちも、大きく否定はしない。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年9月4日のレビュー記事
「大炎上「TVタックル」アニメ規制特集、規制賛成派から見た「オタク」の姿」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    自民党マジ調子のってるよなあ あんまなめてっと死ぬってこと教えてやらねえとダメだな 赤軍が着々と育ってゆくってのにな バカな連中てかあいつらはもうじき死ぬだろうから躯を踏みつけてやろうぜハハハ

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース