bit

映画『青鬼』やマンガ『霧雨が降る森』に共通する、今、中高生に人気のアレとは

AKBの入山杏奈が主演を務めた映画『青鬼』、月刊コミックジーンで連載中のコミック『霧雨が降る森』。どちらも制作発表と同時に、TwitterなどのSNSで話題となり、注目を集めた作品である。その効果もあり、『青鬼』は初日2日間で上映された9館すべての上映回が満席という好スタートを切った。

実はこの2作品には共通点がある。それは、これらの原作が“フリーゲーム”であること。フリーゲームは、中高生を中心に人気を集め、新しいムーブメントを起こしつつある。
映画『青鬼』やマンガ『霧雨が降る森』に共通する、今、中高生に人気のアレとは
映画『青鬼』の原作となったフリーゲーム

そもそもフリーゲームとは、パソコンにダウンロードすれば誰でも無料で遊ぶことが出来るゲームのこと。そのほとんどはゲーム会社から出ているものでもなければ、ゲームクリエイターが作っているものでもない。フリーゲームは、ごく一般の人の手によって制作されていることが多いのだ。そのため、フリーゲームでありがちな「課金システム」がなく、最後まで無料でプレイ出来るのが特徴だ。

最後まで無料で安心してプレイ出来るという手軽さが、多くのファンを魅了しているようだ。

また、新しい自己表現の場としても、フリーゲームは一役買っている。今年8月に小説化が決定した『クロエのレクイエム』というゲーム。
映画『青鬼』やマンガ『霧雨が降る森』に共通する、今、中高生に人気のアレとは
フリーゲームのなかでも、ひときわ人気なのはホラージャンル

その制作グループ「ブリキの時計」は、なんと、16歳と19歳の女の子二人組。彼女たちは自身のイラストや曲でゲームを作り上げ、その独特な世界観で人々を驚かせた。イラストや小説で自分の世界観をあらわす人は珍しくなくなってきているが、彼女たちはそれをゲームのなかであらわしたのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2014年10月12日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース