review

声優あるある漫画『それが声優!』TVアニメ化決定。原作者・あさのますみ×作画・畑健二郎、最速対談

──畑さんは、どのようなお気持ちですか?
 僕にとっては、ある意味、(『ハヤテのごとく!』に続いて)2度目のアニメ化なのですが、出版社がアニメサイドとの間に入ってくれてアニメ化をするのと、完全に一から自分がかかわるのとでは、こんなに違うんだなという驚きが大きいです。原作者って、普通だとお膳立てが整ったところに呼ばれるので。
──早くから関わることになると、考えなきゃいけないこと、決めなきゃいけないことも多くなりますね。
あさの 「監督や脚本家は誰か良いですか?」といったことも聞かれたし。そもそも、最初はスポンサーがまだ100%は集まってなかったですからね(笑)。
 そうそう(笑)。
──「今、製作委員会のメンバー集めてますので」みたいな?
 ええ。製作委員会ができる前に、原作者が呼ばれるって、普通はないと思います(笑)。
──この取材の前もアニメ製作に関する会議だったそうですが、こういった会議に参加されるのは初めてですか?
 初めてではないですけど、『ハヤテ』とは関わり方が違う感じですね。普通は、原作者って、どうしてもお客さんみたいな立ち位置にいると思うので。今回は、アニメの制作メンバーの一員になっている感じがさらに強いです。
──アニメに関わる際の立場の違いということであれば、あさのさんの方がもっと違いは大きいのでは?
あさの そうかもしれないですね。声優として私が関わったことがあるのは、アニメ作りの本当に一番最後の作業だけなので、「アニメってこんな風にできるんだ」ということにすごく驚きました。一つ一つが新鮮です。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク