review

東映アニメがやってる企画がよくわからない件

屋上でひたむきにダンスの練習をする5人の女の子。……と思いきや、キラキラのサイバースペースっぽい空間で、キャッチーな楽曲にキュートな振り付けが魅力的なダンスを楽しそうに踊っている。いわゆるアニメっぽい2D絵と、「楽園追放」のような3D絵が入り混じっている。
東映アニメがやってる企画がよくわからない件
……あれっ!? いきなりサイバースペースっぽくなった?
(C)東映アニメーション

監督は「ドラゴンボールZ」「プリキュアオールスターズ3Dシアター」の宮原直樹、キャラクター原案は「キノの旅」や「サモンナイト」の黒星紅白、キャラクターデザイン&総作画監督は浦上貴之。公開されている情報はこれしかない。
すごく気になるので、個人的に監督に聞いてみた(監督とはアイドルファン仲間として以前からちょっとだけ交流があります)。そうしたら「百合ですよ^^」と返事をもらった。ま、マジですか?
東映アニメーションに取材を申し込んだ。電話でプロデューサーが答えてくれたので、それをお知らせする。

──「file(N):project PQ」は、どんなプロジェクトなんでしょうか。

P:オリジナルアニメーション映画のプロジェクトです。登場するのは15歳の女の子。小学校高学年から中高生の女の子に向けて今制作を進めています。ジャンルでいうと「ダンス映画」です。

──あの、公開されているMVを見て、アイドルをテーマにした映画かなあと思ったのですが。

P:アイドル映画じゃなくて「青春ダンス映画」なんです。

──えっ。電脳世界でダンスをするようなシーンもありましたが……
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク