テレ東系『ASAYAN』をきっかけに活動が始まったモーニング娘。は、1990年代後半から2000年代前半にかけて一世を風靡しました。
シャ乱Qのボーカルとしても有名な「つんく」がプロデュースするということで注目を集め、1998年にメジャーデビューして以降、その活躍は社会現象にまで発展しました。その後はメンバーの加入と卒業をたびたび繰り返し、ファンを魅了し続けたモー娘。全盛期がどれくらいすごかったのか、当時を振り返っていきましょう。

【モーニング娘。の偉大な記録】


モー娘。は数多くの記録を持っています。シングルのオリコン記録でいうと、邦楽歴代1位となるトップ10作品数(58作)、女性グループ1位の連続トップ3獲得年数(18年)です。これらは1998年のデビューシングルから今年にかけて達成している記録です。もちろん人気全盛のときも凄かったですが、現在も高い人気を維持しているんですね。
そしてモー娘。は歌手のステータスともいえるNHK紅白歌合戦への出場記録も持っています。1998年の初出場から10回連続で出場しました(女性グループ最多)。

【みんなが歌った! モー娘。の曲】


モー娘。が発売した曲でミリオンを記録したのは「恋のダンスサイト」、「LOVEマシーン」、「ハッピーサマーウェディング」、「恋愛レボリューション21」の4曲です。
特に1999年に発売し、モー娘。最大のヒット曲となった「LOVEマシーン」はカラオケでも歌ったという人が多いはずです。実際にカラオケチャートでは当時の新記録・17週連続1位を記録するほどの人気でした。私もカラオケでは「明るぃ~未来にぃ~」などあえてイントネーションを強調した歌い方を真似て歌っていました。