review

阿部サダヲが伝説に挑む。宝塚歌劇、プロ野球、ターミナルデパートの祖「経世済民の男 小林一三」

秋葉原に受け継がれる阪急商法


一三が三井銀行を退社してから阪急電鉄の前身・箕面有馬電気軌道の設立に参加するまでの話はきっとドラマでもくわしく描かれることだろうから、ここでは省略する。鉄道業界に入った一三が手がけた新事業が、その後の私鉄経営のモデルとなったことはよく知られるところだ。おそらく彼がいなかったら、日本の大都市の姿はかなり変わっていたに違いない。

自社の鉄道の旅客を増やすため、沿線に住宅を建てるというアイデアは、阪急より早くに大阪~神戸間に路線を敷いていた阪神電鉄に先んじられた。とはいえ、阪神の建てたのが「貸家」だったのに対して、阪急は「分譲住宅」をサラリーマンにも購入しやすいよう月賦方式で売り出したのが画期的だった。

宝塚を温泉地として開発した一三は、その余興として少女歌劇を創始した(1913年。初演は翌年)。元文学青年らしい彼ならではのアイデアだ。宝塚歌劇は昭和に入って東京に進出し、1934年には東京宝塚劇場がオープンする。さらに帝国劇場や日本劇場など日本の演劇の中心となる劇場が次々と阪急傘下に収められた。その事業は映画製作にもおよび、1937年設立のその社名は「東京宝塚」を縮めて「東宝」となる。

ほかにも、駅に隣接したターミナルデパートを設けたのも阪急が最初である。それまでの百貨店の多くは駅から離れており、交通の便があまりよくなかったことに目をつけたのだ。当初は梅田の直営ビルのフロアをべつの百貨店に貸していたが、やがて直営の阪急百貨店を開店した(1929年)。

この記事の画像

「阿部サダヲが伝説に挑む。宝塚歌劇、プロ野球、ターミナルデパートの祖「経世済民の男 小林一三」」の画像1 「阿部サダヲが伝説に挑む。宝塚歌劇、プロ野球、ターミナルデパートの祖「経世済民の男 小林一三」」の画像2 「阿部サダヲが伝説に挑む。宝塚歌劇、プロ野球、ターミナルデパートの祖「経世済民の男 小林一三」」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク