bit

Google社も採用する受講料10万円超の「瞑想研修」を体験してみた

禅寺で坐禅を組み、瞑想の末にカッと目を見開き難しい経営判断を社長が下す――ビジネスと瞑想と聞かされれば、そのようなイメージを抱く人が多いかも知れませんが、今シリコンバレーを中心に空前の瞑想ブームが起きているのはご存じでしょうか?

インテル、アドビ、リンクトイン、パタゴニアなど、多くの企業が研修に瞑想の手法を取り入れています。 元々アメリカでも禅はよく知られており、英語でも"Zen"という言葉は広く認知されています。しかし今アメリカ発で世界中に広がりを見せている瞑想はZenではなくマインドフルネス(mindfulness)と呼ばれているものです。

そのブームの震源地となったのがかのグーグル社。2012年、グーグル社の107番目の社員として知られるチャディー=メン・タン氏は瞑想の叡智を職場に持ち込もうと「サーチ・インサイド・ユアセルフ(Search Inside Yourself 以下SIY)」というプログラムを開発しました。その評判は瞬く間に広がり、グーグルの社内では常に数百人が受講待ち、グーグル以外でもSAP、フォード、リンクトインなどそうそうたる企業でも実施されるようになっています。

そのSIYを東京でグーグル社員以外でも受講することができるというので、体験しに行ってきました。
Google社も採用する受講料10万円超の「瞑想研修」を体験してみた
Googleで開発されたリーダーシッププログラムの「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」の実施風景。

SIYプログラムを教えることができるのは米国SIYLI(Search Inside Yourself Leadership Institute)が認める組織と講師だけとのことで、日本でその認定を受けているのが

あわせて読みたい

  • あえてぼーっとする "呆活"とは

    あえてぼーっとする "呆活"とは

  • 世界各地から参加! タイで人気の瞑想修行体験記【タイ便り】

    世界各地から参加! タイで人気の瞑想修行体験記【タイ便り】

  • 思考疲れは“瞑想”でリセット

    思考疲れは“瞑想”でリセット

  • 瞑想はなぜ必要? メディテーションヨガを体験してきた

    瞑想はなぜ必要? メディテーションヨガを体験してきた

  • コネタの記事をもっと見る 2015年11月23日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース