bit

バスの座席シートに青色のデザインが多い理由

唐突だが、私は路線バスの座席シートのデザインが好きだ。青い地に、蛍光色をまじえたカラフルで抽象的な図形のようなものが一定の間隔で配置されたようなあのデザイン。
バスの座席シートに青色のデザインが多い理由

一見似通っているが、バスごとに色合いもパターンも少しずつ違い、乗るたびについつい写真に撮ってしまう。「バスの座席Tシャツ」があったら買って着たいほどだ。

そんな中、ふと「このデザインはどこでどのように生まれているものなのか」と、不思議に思った。そこで、路線バスや観光バス用座席シートにおいて国内の9割のシェアを占めるという天龍工業株式会社に問い合わせると、まず、シートそのものと、表面に貼られている布地は別のメーカーによって作られているのだという(天龍工業はシートの設計・開発を行う企業である)。シート表面の布地を「表皮材」と呼び、その表皮材を作るメーカーが複数存在すると教えていただいた。バスの座席のデザインの多くは、バスの運営会社と表皮材メーカーとのやり取りで決定されるものだとか。

そこで次に、カーペットやカーテンなどのインテリアから、バスや鉄道の内装・外装材までを幅広く手掛ける住江織物株式会社に問い合わせてみた。同社は表皮材メーカーとしても国内最大手の企業である。その結果、今回、住江織物株式会社・車両開発部デザイングループの島津さんに表皮材にまつわるあれこれについてお話を聞くことができた。バス座席シートのデザインの謎がここに解き明かされる!...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2015年12月12日のコネタ記事
「バスの座席シートに青色のデザインが多い理由」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    補助金の話はしないの?

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース