90s

佐々木健介・北斗晶の馴れ初めは北朝鮮でのプロレスだった!?

佐々木健介・北斗晶の馴れ初めは北朝鮮でのプロレスだった!?
佐々木健介・北斗晶夫妻といえば、芸能界屈指のおしどり夫婦として有名だ。現在闘病中の北斗を献身的に支える健介。その仲睦まじさは、理想のカップルとして常にアンケートの上位を占めるほど。

では、この二人はどうして出会ったのだろうか?
ともにプロレスラーだった健介、北斗ではあるが、その接点は世界的規模のイベントにあった。実は、北朝鮮で開催された初のプロレスイベントでの共演がきっかけなのである。

エースの座まで後一歩の佐々木健介、女子プロレス界の中心にいた北斗晶


1995年4月28日、29日の2日間に渡って、北朝鮮の平壌で「平和のための平壌国際スポーツ・文化祭典」と題するイベントが開催された。牽引役は、当時参議院議員とプロレスラーの二足のわらじを履いていたアントニオ猪木だ。
「日本プロレス界の父」と称される力道山を師匠に持つ猪木。その力道山が朝鮮半島出身であったことなどから、持ち前の「闘魂外交」により、北朝鮮で初のプロレスイベント実現にこぎつけたのだ。

猪木は自身の団体である新日本プロレスの選手とともに参加。その中に佐々木健介も含まれている。当時の健介はトップ選手ではあったが、まだシングル王座未戴冠ということもあり4番手5番手の位置づけだった。
また花を添える意味で、全日本女子プロレスから4名の選手が派遣されたが、中でもナンバーワンの注目株が北斗晶。当時の北斗は「デンジャラス・クイーン」の異名を取り、ケンカファイトと毒舌パフォーマンスで女子プロレス界の中心レスラーとなっていた。

あわせて読みたい

  • 「迷わず行けよ 行けば分かるさ」アントニオ猪木の引退試合を振り返る

    「迷わず行けよ 行けば分かるさ」アントニオ猪木の引退試合を振り返る

  • 馳浩文部科学大臣 プロレスラー時代の問題発言・問題行動

    馳浩文部科学大臣 プロレスラー時代の問題発言・問題行動

  • 「死刑台に上がるみたいな気分だった」高田延彦vsヒクソン・グレイシーを振り返る

    「死刑台に上がるみたいな気分だった」高田延彦vsヒクソン・グレイシーを振り返る

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年1月30日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら