review

ルパンは何を盗めばいいのか問題「ルパン三世」23話「世界解剖 前編」

30年ぶりのTVシリーズとなったルパン三世もいよいよファイナル。最終回一歩手前の第23話は「世界解剖 前編」。現代に蘇った万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチがルパンの前に立ちはだかる!
ルパンは何を盗めばいいのか問題「ルパン三世」23話「世界解剖 前編」

ダ・ヴィンチの野望とは「世界を設計し直す」ことだった。これは第18話で予告していたとおり。ダ・ヴィンチが考える新世界にふさわしい人間を選別し、失格した人間は人格そのものを変えてしまおうという大胆かつスケールのデカい計画である。「世界は人間でできている。人間が生まれ変われば自ずと世界も生まれ変わる」とはダ・ヴィンチの言葉。さーすが、ルネサンス期の大物だけある。

イタリア全土の国民を催眠状態にして、それぞれの夢に現れるダ・ヴィンチ。次元、五エ門、不二子、銭形らとそれぞれタイマン勝負して、いちいち新世界にふさわしい人物かどうかテストするんだから手間暇かけている。次元は銃、五右衛門は剣、不二子はポーカー(イカサマ)、銭形は逮捕術でダ・ヴィンチを圧倒するが、“ミセス・ルパン”ことレベッカは「失格」。ダ・ヴィンチに人格を乗っ取られることになってしまった。もちろん、ルパンは怒り心頭だ。

「意外だな。悪党の君にも正義感があったとは」
「けっ、勘違いすんじゃねぇ。女に手出されて黙ってるのはルパンじゃねぇ。それだけだ」

新世界にふさわしい人物を選別しようとするダ・ヴィンチの手口は、『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の敵役マモーとそっくり。このときもルパンは奪われた女・不二子を奪回するためにマモーを打倒している。そういえば、今回の眉がグーッと吊り上がって、目の上のラインが太いルパンは、どことなく『複製人間』のときのルパンを思わせる。

あわせて読みたい

  • 「新ルパン」泣けると神回認定?

    「新ルパン」泣けると神回認定?

  • 新ルパンは神作画で殴り合い

    新ルパンは神作画で殴り合い

  • 「新ルパン」五エ門は女装が好き?

    「新ルパン」五エ門は女装が好き?

  • 「ルパン三世」が俺TUEEEEだった

    「ルパン三世」が俺TUEEEEだった

  • レビューの記事をもっと見る 2016年3月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース