エナジードリンクの代表格といえばレッドブルだろう。世界160カ国以上で販売され、愛飲されている。仕事に勉強にとレッドブルが手放せない人も多いだろう。

このレッドブルには大きく分けて二つの系統があるのをご存知だろうか。日本でも売られている青と銀のメタリックな缶に赤いロゴが印刷されたレッドブルは、ヨーロッパのオーストリアが原産だ。もう一方で、タイ原産のレッドブルが存在する。

レッドブルはどうやって生まれた?


レッドブルの元祖は日本だった? 実は二系統ある世界のレッドブル

レッドブルのルーツは、タイで売りだされていた「カティンデン(Krating Daeng)」という栄養ドリンクに求められる。カティンはウシ科の動物であるガウル、デンは赤色を意味する。「Red Bull」は「Krating Daeng」をそのまま英語にしたものだ。

1970年代末、タイでは日本産の栄養ドリンク「リポビタンD」が広く普及していた。これに目を付けた中国系タイ人、チャリアオ・ユーウィッタヤーが、独自に調合した「カティンデン」を「リポビタンD」より安価な値段で売りだしたところ、低所得層の労働者を中心に爆発的なヒットを記録。さらに、80年代に入り、歯磨き粉のセールスマンとしてタイに来ていた、オーストリア人のディートリヒ・マテシッツの目に止まり、ライセンス契約がなされ、ヨーロッパでも販売がはじまる。その後、世界的なヒットに繋がったのは言うまでもない。

タイ産レッドブルがなければ、世界的なエナジードリンクであるレッドブルも誕生することがなかった。ということは、すべてのエナジードリンクの元祖は日本産の「リポビタンD」とも言えるだろう。とはいっても、現在もタイで売られている「リポビタンD」は甘味とコクが強烈で日本の商品とはかなり異なる。