review

新海誠「君の名は。」ぼくは今Twitterに書き込むのを我慢してのたうち回っている

       
それでも入れようとするのが新海誠らしい。好き。

『ほしのこえ』の時には「セカイ系」とも言われた、「きみとぼく」2人の距離感が、世界のあらゆるものを超越するような感覚。自分に常に問いかけ続ける叙情性。新海誠の武器だ。
ウェットな根本は大事にしつつ、さらにキャラクターが一皮剥けて前に進んだ。

1ファンとしては、驚いたし、嬉しくてならない。
だって、今までの考え方なら「あのシーン」で終わりでもいいんじゃないか、と一瞬思ったもの。
そこからが、すごかった。物語がロッキーみたいに何度も起き上がる。
今までの新海誠の集大成(『言の葉の庭』など今までの作品のセルフオマージュも、ちょっと入ってます)であり、次のステージだ。

新海誠作品を見てない人は、先に全部見てから……という必要は無い。むしろこれが入門編だ。
映画の後で過去の作品を見ると、監督の思想の原点がわかって、面白い。
すでに見た人には、物語のかゆいところを見ることが出来るサブストーリー集「君の名は。 Another Side:Earthbound」がオススメ。
「小説 君の名は。」は新海誠本人が書いた小説。視点がちょっと異なっており、相互補完になっている。「君の名は。」コミック版は映画にとても忠実なので、映画を思い出すのに最適だ。
児童文学がメインの角川つばさ文庫でも小説版が出ている。
あと『シン・ゴジラ』と合わせてみるといいです。
見ればわかります。
(たまごまご)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新海誠「君の名は。」ぼくは今Twitterに書き込むのを我慢してのたうち回っている」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    背景を写し続ける所が、エロティシズムとはわかりませんでした。

    3
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。