税金で男二人を養う三原じゅん子!たくましすぎる姿から感じる2つの違和感

元女優で現在自民党の三原じゅん子参議院議員(52)が、24歳年下の元公設秘書(現在は私設秘書)の男性との結婚を発表してから約1カ月。新たな情報に世間の関心が高まっています。
その情報というのは、12月2日発売の週刊新潮が報じた、元内縁関係の夫への年800万円の給与の支払いが、今もまだ続いているという話です。
同誌には、生活力に乏しい彼が泣きついたため、勤務実態が無きに等しいにも関わらず、慰謝料がわりに続けていると書かれています。事実なら政治家として資質が問われる問題のため、公私混同に怒りを覚える声も多く寄せられています。
税金を使ってこのようなことを行う点については、もちろん国民として腹が立つのですが、このニュースで感じる違和感には、もっと複雑な心理が隠れているように感じます。

「女がやった」という特別感


今回1番話題になっているのは、三原さんが税金を使って2人の男性を養っているという点です。両者ともに現在は私設秘書扱いとのことですから、一体三原さんの給与というのはいくらなんだ……とザワザワしてしまいますが、ふと考えると、「男性議員が若い愛人(恋人)を秘書に迎え入れる」という行為は、定期的に耳にする話ではないでしょうか。個別の事例は取り上げませんが、議員のスキャンダルとしては“ありがちなパターン”ともいえます。

しかし今回炎上につながっているのは、「三原じゅん子」という知名度がある人物が起こした問題だからというだけでなく、当事者が男女逆転しているという点にも、注目度の高さがありそうです。