review

大傑作「ブリグズビー・ベア」特に「スター・ウォーズ」に人生を狂わされた人必見

フィクションが持つ力への畏怖と信頼、物語を紡ぐことへの祝福。『ブリグズビー・ベア』は、フィクションを愛し創作することへの賛歌である。今年ベスト級の大傑作だ。
大傑作「ブリグズビー・ベア」特に「スター・ウォーズ」に人生を狂わされた人必見

青年ジェームスの心の拠り所は、喋るクマの特撮番組だった


『ブリグズビー・ベア』の物語は、人里離れた砂漠にあるシェルターから始まる。25歳のジェームスはこのシェルターの中で、父テッドと母エイプリルとともに暮らしていた。両親との仲はいいものの、外気は有毒で、ガスマスクなしでは外出禁止。ジェームスは生まれて以来ずっとシェルターを離れたことがない。

ジェームスの唯一の楽しみは、子供の頃から毎週ポストに届く教育ビデオ『ブリグズビー・ベア』の研究。『ブリグズビー・ベア』は勇気あるクマが宇宙を股にかけて大活躍し、その合間に算数やゴミの捨て方を教えてくれる番組だ。大量の話数が存在するこの『ブリグスビー・ベア』の感想をネットのフォーラムにアップし、同好の士と語り合うのがジェームスは大好きなのだ。

しかし、ある日突然シェルターに警察が突入し、テッドとエイプリルは逮捕、ジェームスは警察に身柄を保護される。シェルターや有毒な外気は真っ赤な嘘で、テッドとエイプリルは25年前にジェームスを誘拐した犯人。そして『ブリグズビー・ベア』は2人が自主制作していたビデオだったのだ。ジェームスが感想を投稿していたフォーラムも全て偽の両親の自作自演。何もかもが嘘だったのである。

あわせて読みたい

  • オタク大戦争「レディ・プレイヤー1」

    オタク大戦争「レディ・プレイヤー1」

  • 死体喜劇 「スイス・アーミー・マン」

    死体喜劇 「スイス・アーミー・マン」

  • シェイプ・オブ・ウォーターをレビュー

    シェイプ・オブ・ウォーターをレビュー

  • ガーディアンズオブギャラクシーは必見

    ガーディアンズオブギャラクシーは必見

  • レビューの記事をもっと見る 2018年6月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース