review

スナイパーはつらいよ「15ミニッツ・ウォー」むせかえるような1970年代の香りと狙撃描写のリアリティ

1970年代の対テロ戦初期、それもフランス人スナイパーの活躍を描いたちょっと変わった映画が『15ミニッツ・ウォー』だ。キャラの立ったスナイパー5人組が偵察したり待機したりと、狙撃の大変さをみっちり教えてくれる一本である。
スナイパーはつらいよ「15ミニッツ・ウォー」むせかえるような1970年代の香りと狙撃描写のリアリティ

スクールバスを狙ったバスジャック発生! 救出に挑むのは5人のスナイパー


『15ミニッツ・ウォー』の元になっているのは、1976年にジブチで発生したバスジャック事件である。当時のジブチは、フランスが唯一保有する海外領土だった。現地では過激な独立運動が頻発し、政情は不安定になっていた。さらにソ連の支援を受けたソマリアが独立運動に協力し、フランスはそれらへの対応を迫られていたのである。

そんな中、フランス軍関係者の子供を乗せたスクールバスが、学校に向かう途中に4人の独立運動家によってバスジャックされる。彼らはソマリア国境までバスを走らせ、投獄されている同志の即時釈放とフランスからのジブチ独立を要求。フランスがこれに応じない場合は人質の子供達を殺害すると脅しをかける。しかしバスは国境へと向かう途中、ジブチに駐留するフランス軍の国境警備隊によってタイヤをパンクさせられ、国境地帯で立ち往生してしまう。

フランス側は外人部隊によって周囲を封鎖。さらに国家憲兵隊のジェルヴァル大尉が指揮する5人のスナイパーチームをパリから現地に派遣し、事態の収拾を図ろうとする。現地を偵察したジェルヴァル大尉はスナイパー5人の連携によるテロリストの同時射殺という作戦を立案するが、外人部隊や人質への被害を恐れる政府関係者との連携が取れず、即座に作戦に移ることができない。そんな中、生徒たちを案じたアメリカ人教師ジェーンが単身バスのテロリストに接触し、事態はさらにややこしいことに……。

あわせて読みたい

  • 空中版「プライベート・ライアン」映画

    空中版「プライベート・ライアン」映画

  • ナチスで一番やばい奴 ナチス第三の男

    ナチスで一番やばい奴 ナチス第三の男

  • 夢小説ボーダーラインソルジャーズデイ

    夢小説ボーダーラインソルジャーズデイ

  • 「ザ・アウトロー」悪徳警官VS最強強盗

    「ザ・アウトロー」悪徳警官VS最強強盗

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年10月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。