リバプールに追い風? “ゴールポストの移動”で南野の出場機会も急増か

リバプールに追い風? “ゴールポストの移動”で南野の出場機会も急増か

 ドイツのブンデスリーガにならって、プレミアリーグも6月17日の再開以降、交代枠を「3」から「5」に増やす可能性がある。交代枠増については再開までに議論して20クラブで採決を取る予定だが、実際に5枠に増えればリバプールにとってはありがたい追い風になると、地元紙『Liverpool Echo』が報じている。

交代枠増加はリバプールに有利

 同紙のイアン・ドイル記者は、リバプールの選手層について言及する。レアル・マドリーの前に屈した2018年5月のUEFAチャンピオンズリーグ決勝では、負けているにもかかわらず交代枠は2つしか使わなかったというのだ。

 しかし、あれから積極的な補強を行った結果、今季はここまで公式戦48試合で交代枠を使い切らなかったのが4試合だけ。最近は多彩な戦術を披露しているが、やはりユルゲン・クロップ監督と言えば“ゲーゲンプレッシング”が代名詞であり、そのインテンシティを維持するために交代カードは欠かせないのである。

 さらに、リバプールは30年ぶりのリーグ制覇まで“マジック2”に迫っており、優勝は時間の問題。そのため、ドイル記者は控え組にも出場機会が増えると推測し、期待の若手であるDFネコ・ウイリアムズ(19歳)、MFカーティス・ジョーンズ(19歳)、MFハービー・エリオット(17歳)にはプレミアでの“初スタメン”の可能性があるとしている。

 記事では触れられなかったが、前述の若手3名より出場機会の増加が見込まれるのは、何と言っても日本代表のエース、南野拓実だろう。冬にザルツブルクから加入した南野は、これまでプレミアで8試合にベンチ入りするも、起用されたのは3回だけ。いまだにプレミアで先発出場を果たせていないが、交代枠増加で必ず出場機会が急増するはずだ。


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。