判定をめぐり議論が噴出。PKではアドバンテージを取らない?

判定をめぐり議論が噴出。PKではアドバンテージを取らない?
拡大する(全1枚)

 10月17日、セリエA第8節のユベントスvsローマ戦で出されたPKの判定をめぐり、イタリアのサッカー関係者やメディアの間で数日に渡って議論が続いた。

アドバンテージ認められず

 発端は同試合の41分。ユベントスのエリア内に飛び出したローマMFヘンリク・ムヒタリャンとユーベGKボイチェフ・シュチェスニーが交錯。ダニエレ・オルサート主審は即座にシュチェスニーのファウルと判定してPKを宣告したが、その直後にこぼれ球をタニー・エイブラハムが押し込み、ゴールが決まってしまう。

 しかしゴールは認められずにPKが優先された。そしてジョルダン・ベレトゥのキックはシュチェスニーにセーブされ、結局試合は1-0でユベントスの勝利となった。

 サッカーの競技規則第5条による「反則をされたチームがアドバンテージによって利益を受けそうな時はプレーを続けさせる」べきであるとされる状況だ。しかし民放テレビ局『メディアセット』によれば、ハーフタイムにローマのMFブライアン・クリスタンテが同様の疑問を持ってオルサート主審に質問したところ「GKも飛び出すし、オフサイドもPKもある。PKについてアドバンテージはない。PKが失敗したからといって、それを私のせいにするのかね?」などと返答したという。

 試合後、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は「予備審判とも話したが、『PKではプレーは流さない』という返答があった。その時点で、議論するのは無駄だと思った」と話した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク