ヘビ世界の聖母マリアかな。オスなしで単為生殖したオオアナコンダ(アメリカ)※ヘビ出演中

ヘビ世界の聖母マリアかな。オスなしで単為生殖したオオアナコンダ(アメリカ)※ヘビ出演中


 聖母マリアは男女の交わりなしに子、イエス・キリストを宿したという伝説がある。

 とすると、アメリカ・マサチューセッツ州にあるニューイングランド水族館のアマゾン展で展示されていたメスのアナコンダは、ヘビ世界の聖母マリアなのかもしれない。

 水族館で飼育されているオオアナコンダはオスとメスが完全に隔離されており、互いが接触するようなことはない。それなのに子供を産んだというのだ。
【オオアナコンダのアナ母さん】

 そんな奇跡を起こしたのはアナという名のメスで、体長3メートル、体重13.6キロある8歳のオオアナコンダだ。

 ちなみにオオアナコンダは卵を産んでから孵化させるわけではない。お腹の中で卵を孵化させ、 子ヘビの状態で産み落とす卵胎生である。産まれたばかりの子ヘビでも、体長は約70センチ前後もある。

・おなかの中で卵が孵化してそのまま子どもが生まれてくる、巨大アナコンダの出産シーン : カラパイア

 水族館によると、アナ母さんは1ダースほどの子供を産んだがほとんどは死産。どうにか3匹だけが生きて生まれ、さらに数日中に1匹が死んだそうだ。

 だが、大勢のきょうだいたちの死を乗り越えた2匹は今も元気に生きている。

[画像を見る]

【オスが紛れ込んだ様子はなく「単為生殖」の可能性】

 水族館側ではアナ母さんが妊娠した経緯を確かめるために、ほかのアナコンダの性別を再度チェックし、オスが紛れ込んでいなかったことを確認。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月2日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。