日本に主役が張れる喜劇役者がいない危機

日本に主役が張れる喜劇役者がいない危機
拡大する(全1枚)
高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

日本には今、ドラマや映画や舞台で、主役を張れる喜劇役者がいない。笑いをやっている芸能人はそれこそ無数にいるが、喜劇をやれる人はいない。もしかしたら「今の売れている立場を捨てて」主役になれる人はいるかも知れないが、思いつく人は皆小粒である、ないしは、お年を召しすぎている。
日本に主役が張れる喜劇役者がいない危機の画像はこちら >>
何故かコントをやる芸人も増えてきた。だがこの人達のやっているコントは米国で言うところのスケッチであり、「コントは芝居を凝縮したもの(木林信彦)」との点を理解している人がほとんどいないので、喜劇はできないだろう。言い添えれば、かもめんたるの岩崎う大、インパルスの板倉俊之、蛙亭の岩倉美里らは、作者として期待する。

喜劇役者を待望する人の希望の光は、山田洋次監督の松竹映画100周年記念作品「キネマの神様(2021年公開予定)」に主演する志村けんであろう。だが、志村が新型コロナウイルス感染で亡くなったことによって、志村が主役を張れる喜劇役者になるという夢は潰えた。志村の代役が沢田研二になったことでも、喜劇役者がいないことは明白だ。

かつて、日本には映画やドラマや大きな舞台で主役を張れる喜劇役者という系譜が厳然としてあった。

それらを以下に示す。()内は代表作ないし、筆者好きな作品だ。

 古川ロッパ(『ガラマサどん』)、榎本健一(『雲の上団五郎一座』)、柳家金語楼、(『誰がために金はある』)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「インパルス」に関する記事

「インパルス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「インパルス」の記事

次に読みたい「インパルス」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク