古舘伊知郎『MC論』からの偏愛的「司会者論」(2)なぜ明石家さんま、笑福亭鶴瓶、所ジョージはすごいのか

古舘伊知郎『MC論』からの偏愛的「司会者論」(2)なぜ明石家さんま、笑福亭鶴瓶、所ジョージはすごいのか
拡大する(全1枚)
高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

前回に引き続き、『古舘伊知郎『MC論』からの偏愛的「司会者論」』の第二回である。今回は、明石家さんま笑福亭鶴瓶所ジョージの3氏について述べてみたい。
古舘伊知郎『MC論』からの偏愛的「司会者論」(2)なぜ明石家...の画像はこちら >>
*明石家さんま「(古舘本)トークショー化するMC」

明石家さんまは「受け」のできる司会者であると思う。よく島田紳助と比較されてきたが、紳助さんが自分でする話が面白いのに対し、さんまさんは人の話を受けて取る笑いにかけては随一である。「あの、人の話を聞いてフロアにコケるでしょ。さんまちゃん。あれが(も)受けなんだよ」と欽ちゃんは教えてくれた。

さんまさんの番組に関わって、私ははいくつも失敗をしている。ごめん。たった7回で終わった『生さんま みんなでイイ気持ち!!』。私は構成のヘッドで、司会は中居正広くんとのコンビだった。この失敗は中居くんに進行を任せたことだ。中居くんの仕切りのテンポと、さんまさんのテンポが全く噛み合わず、さんまさんはやりにくそうだった。進行から離れて自由にやってもらうとは、どういうことなのかそれを、スタッフが勘違いしていたのだ。

この場合、進行は無味乾燥でなければならない。それから、余計な企画を放り込んだことも失敗の元。さんまさんだけでは持たないという傲慢な判断からである。持たないなら俺が持つようにしてみせる。「板に乗ったら(舞台に上がったら)笑いを取るまでは降りない」それがさんまさんだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

古舘伊知郎のプロフィールを見る
メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「古舘伊知郎」に関する記事

「古舘伊知郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「古舘伊知郎」の記事

次に読みたい「古舘伊知郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク