King Gnu常田大希 「自分の持ち場を守ったうえで、J-POPや歌謡曲を継承していく」

King Gnu常田大希 「自分の持ち場を守ったうえで、J-POPや歌謡曲を継承していく」
クイック・ジャパンvol.142(太田出版)
1月にリリースしたメジャーデビューアルバム『Sympa』が、オリコンランキング(1月28日付)で3位という快挙を遂げたKing Gnu。その発起人であり、作詞作曲、ギター、チェロ、プログラミング、ボーカルを担当する常田大希は、どんな音楽的バックグラウンドの持ち主なのか? 2019年2月23日発売の『クイック・ジャパン』vol.142で、常田はこう語っている。

「音楽の原体験は、オルタナとかアークティック・モンキーズの『Brianstorm』に感じるエネルギーとか。ただ、音楽はサウンドにしろ精神性にしろ、いろんなつながりがジャンル関係なく存在して、いろんな音楽を聴くなかで自然と好きになっていったのは大きいですね。アカデミックな人たちの美意識とか価値観も勉強になったし、ジャズミュージシャンはジャズミュージシャンで考え方が全然違う。いろんな人たちに出会って多様な考え方に触れることができました」

東京藝術大学を中退したあと、ソロプロジェクト「Daiki Tsuneta Millennium Parade」で頭角を現し、米津玄師の『BOOTLEG』にも参加した常田。年末年始にはかけて多くの音楽誌や音楽番組で取り上げられ、注目度が非常に高い彼らだが、King Gnuを始めた理由は明確だ。

「King Gnu をはじめたのは、作品をデカくするために金を稼ごうと思ったからです。やっぱり、お金はできることの規模感に直結します。アークティック・モンキーズとか、スタジアムでデカい音鳴らしてるじゃないですか? ああいうサウンドや演出って、あの場所に行かないと鳴らせない。クラシックならオーケストラが好きだし、デカい会場の鳴りが昔から好きなので、急に舵を切ったってわけでもないんです」...続きを読む

あわせて読みたい

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2019年3月19日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。