「出産後で一番良い状態」女子バレー荒木絵里香、代表最年長35歳が限界を感じない理由とは

「出産後で一番良い状態」女子バレー荒木絵里香、代表最年長35歳が限界を感じない理由とは

北京、ロンドン、リオデジャネイロと3度オリンピックを経験。今年、自身4度目の五輪に挑むバレーボール女子日本代表の荒木絵里香選手。「自分が、年齢も、経験も、一番上の中でのキャプテンなので」と主将の大役を引き受け、オリンピック後については「まだわからない」と語る。チームを背負い、自身の集大成として挑む東京五輪へ懸ける思いとは?

(インタビュー・構成=米虫紀子、撮影=浦正弘)

「思い出すのはアテネ五輪の時のキャプテン」

——東京五輪イヤーの日本代表が始動しました。昨年までとは違うキャプテンという立場で、今年の合宿がスタートして、今感じていることはどんなことですか?

荒木:やっぱり選手はみんな、絶対東京五輪に出たい、メンバーに入るんだ、というすごい意気込みと、熱を持って来ているのはすごく感じます。スタッフも、今年から相原(昇)さん(日本代表コーチ)が入って、全力で向き合って盛り上げてくれて、新しい風を吹かせてくれている。まだチームとしては大人数過ぎて(29人)、ちょっと難しい部分もあるんですけど、夏に向けて、いいスタートが切れていると感じています。

——2012年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した時以来の、日本代表のキャプテンですが、その時とはやはり全然違いますか?

荒木:はい。前回はもうほんと、キャプテンマークをつけさせてもらっていただけだと思っているので。当時は竹下(佳江)さんがいて、佐野(優子)さん、大友(愛)さんというメンバーがいて、(木村)沙織がいて、という中での自分だったので、今とは訳が違う。年齢的にも、前回は自分がちょうど真ん中ぐらいで、半分がお姉さんだったから、そんな楽なことないじゃないですか。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「バレーボール + 男子」のおすすめ記事

「バレーボール + 男子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュース

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バレーボール 女子
  2. バレーボール 男子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。