2016年に突如コラボ・アルバム『Say Hello to My Minions』をリリースしたSKY-HISALUが、再びタッグを組んだ。『Say Hello to My Minions 2』と題し、日本とアジアのプロデューサーらを迎え入れ、より自由な枠組みで全9曲を完成させた。
昨年、EXILE SHOKICHIが立ち上げたレーベル、KOMA DOGGへの移籍が発表されたSALU、そして、昨年12月に自らの内面と国内におけるヒップホップ・シーンの内情に鋭く切り込んだアルバム『JAPRISON』をリリースしたSKY-HI。それぞれの立場でラップ界を牽引してきた両者は、一体どんな心境で制作にあたったのだろうか。

ー前作のコラボ・アルバムから約2年ぶりとなりますが、なぜこのタイミングで二人名義での作品をリリースすることになったのでしょうか?

SKY-HI:(SALUの方を向きながら)昨年末くらいに話が出たんだよね?

SALU:そうでしたっけ? 全然覚えてない……。

SKY-HI:昨年の12月に自分のアルバム(『JAPRISON』)を出す前から話は上がっていたような気がします。

SALU:結構前から「やろう」ということは話していて、ちょうどお互いのタイミングが合ったのが今、という感じですね。

SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」

Photo by Masato Moriyama

ータイトルも、あえて『Say Hello To The Minnions 2』と、あくまで続編という位置付けで。


SKY-HI:このシリーズはライフワークの一つなので、お互い命があれば続いていくと思いますね。

ータイトル的には続編という形ですが、環境や制作方法も含めて、前作との明確な違い違いはありますか?

SALU:前回は、僕のチームともいうべきプロデューサーであるBACHLOGICとJIGGと一緒に組んで作ったんですけど、今回は日高くんが選んでくれたトラックで、主に二人でレコーディングして、(SKY-HIが所属する)avexチームとやったので、すべて違うと思います。

SKY-HI:あと今回は、”トラップ以降のヒップホップ・ビート”みたいな、皆さんの想像の範疇内のトラックは使いたくなかったんです。それと、とにかくラップのテクニックを出していく、みたいなことも違うなと思っていて。

SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」

Photo by Masato Moriyama

ーいわゆる、二人のスキル合戦みたいなことですか?

SKY-HI:うん。結局「Funny Game」なんかはそういった感じの曲になっちゃったんですけど、もっと音楽的に楽しく遊びたいっていう気持ちで作りました。
それがないと嫌だなって。とはいえ、一体どういったものがネクスト(・レベル)なのかというと、そういう明確なものも特になくて。「こういうことをやったらキッズやヒップホップご意見番が喜ぶんじゃないか?」とか、そういうのは一切考えずに、ただ「これどう?」「これどう?」っていろんなトラックをSALUに持って行ってレコーディングを進めていきました。だいたい「それ、無いっすね」って言われちゃうんですけど。

SALU:いや、ウソです。普通に良かったですよ(笑)。
いっぱいあるトラックから選んだんですけど、手をつけたものは全部最後まで作り上げました。結局、1カ月くらいで作り上げたと思います。

ー前作『Say Hello to My Minions』は割と二人の衝動というか苛立ちのようなものも垣間見える作品に仕上がっていて、リリックのダブル・ミーニングといったトリッキーさも多かったと思うんです。それを経てからの今作を聴くと、音楽的な余裕のようなものを感じました。今作においては二人とも純粋に楽しみながら作っているのかな、と思って。

SALU:そうですね。


SKY-HI:楽しむと同時に、バイアスとか固定観念がなければないほど自由ってことだと思うんですけど、実際、それはめちゃくちゃ難しいんだなというのを感じました。そういった固定概念を「俺、着てるな?」と気がついて、「脱いだら気持ちいい!」っていう感覚が二度ほどありましたね。

SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」

Photo by Masato Moriyama

ーSKY-HIさんは『JAPRISON』で、これまでとは違う角度からシーンや業界のことをラップしていた。SALUさんも今年に入って新曲「RAP GAME」を発表しています。あの曲も、シーンをどこか俯瞰しているような内容だなと感じました。その二人のタイミングや目線が合った、という意識はありますか?

SKY-HI:前作は、SALUが『GOOD MORNING』を出して、俺が『OLIVE』をリリースした後だった。
その時は「この国で、なんとかしてラッパーが作るポップスを作れないものか?」とトライした後だったから、「かっこいいラップをたくさんするぞ」という意気込みで作ったんです。今回は、そういう意味では国内外、どちらとも状況が変わってきて、もっとラップ・ミュージックやラッパーが自由になれるというか、好きにやるっていうか、そういう気持ちで作っていましたね。

ー参加しているプロデューサーも国内外のメンツが集まっていますよね。

SKY-HI:タイミングですね。最初からCHAKI(・ZULU)さんとSUNNY BOYは決めていて。

SALU:そうでしたね。


SKY-HI:韓国人のプロデューサーのAPROは、韓国の友人のReddyの曲を手掛けてるので知って、インスタフォローしたらDMが来たって感じです。DMでいきなり「Hi SKY-HI!」と連絡が来て、それで友達になったんです。APROが東京に来てるタイミングでたまたま俺のライブがあって、そこにSALUがフィーチャリングでも登場してたから、それで必然的に参加してもらいました。同じく韓国のGroovyRoomも、たまたまtofubeatsの客演で俺が出た東京のイベントに、彼らもゲストで出ていて。

ーちなみに、個人的に一番気になったビートメイカーはSOURCEKEYなんですが、彼に関しては何も情報がなくて……。

SKY-HI:それは俺っすね(笑)。

ーSKY-HIのプロデューサー名義、ということですか?

SKY-HI:『JAPRISON』くらいから、自分で上モノとドラムの音を組み立てて、それが出来上がったらSHIMIさん(プロデューサー・ユニット、BUZZER BEATSのメンバー)に渡して、いわゆるビートメイキングにおいて必要な一番大変な部分ーーエンジニアリングであったりマニュピレーションであったりーーをやってもらっていたんです。でも、そこまでやるんだったら、名義をちゃんと付けてやってみようかなと。

変名にした理由は、プロデューサーの名前が一覧で載った時に、俺の名前が入ってると色が付いてるみたいで嫌だなあと思って。SALUと、「名前、何にしよっか? やっぱりイニシャルはSだよね」と色々話して、この名前にしました。

SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」

Photo by Masato Moriyama

ー聞き慣れない名前だったので、誰かの変名かなとも思っていたのですが、まさかご本人だったとは。先ほども制作環境について少し触れていましたが、どんな環境でレコーディングを進めていたのでしょうか。

SALU:厚木にある僕のスタジオで録っていました。僕がエンジニアをやりながらトラックや、「どんなことを言うか?」という曲ごとのトピックも一緒にスタジオに入って、二人っきりでレコーディングしていきましたね。13時間くらいぶっ続けで作業して、4、5曲作った日もあって。

SKY-HI:そうそう、途中でコンビニに行ったくらい。

ーそのペースってお二人にとっては普通ですか?

SKY-HI:それは分からないですけど、SALUのスタジオに入った日はめっちゃ楽しかったですね。「その日にいっぱいやらないとヤバい」っていうことだけ決まってて。これ良くない?って言いながら音を足したり抜いたりして作っていったんです。

ーそうしたセッション感も、二人ならではですよね。

SKY-HI:今回は特に、遊んでいたらできたって言う感じが強いですね。それは嬉しいことだと思っています。

ーChaki ZuluやSunny Boyといった国内のプロデューサーとレコーディングする時も、同じようなヴァイブスでしたか?

SALU:その二人との制作はめっちゃ早かったですね。スタジオに入って、一人15、20分くらいでヴァースを録り終わって、その後、ChakiさんとSunny Boyさんがアレンジして完成する、っていう感じでした。

ーそして、作品のリリースとともに幕を開けたツアーのタイトルが「Say Goodbye to the System」と。わざわざこの曲のタイトルを冠にしたのは?

SKY-HI:このアルバム自体が、そういうメッセージを持ったものだったので。

ーそのメッセージは意識しながら全体を作っていったんですか?

SKY-HI:「誰かの先入観ってこういう風に作られるんじゃないか」「期待に応えねばならないんじゃないか」とか、そういったところからの解脱という意味です。例えば今回は、SALUと一緒にアルバムを出すと決まった時に、レーベルではなく協力してくれる企業から制作費を募ってPVなどを作っていきました。メジャー・レーベルの悪いところは、いまだにCDの売り上げに依存していて、そこから逆算して制作費を出したり、宣伝の仕方とかを考えるじゃないですか。だから、クリエイション・ファーストにならない。それがすごく難しいところだなと思っていて。でも、今回はそういうところから全部解き放たれているのが非常に今っぽくていいなと思っていて。俺は勝手にこの作り方を「ネオ・インディーズ」って呼んでるんですけど。

SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」


SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」

Photos by Masato Moriyama

ー「システム」というフレーズを「レーベル」に結び付ける観点からだと、SKY-HIさんもSALUさんもこれまでにいろんな形態を経験していますよね。SKY-HIさんの場合、AAAとしての活動と並行しつつ、インディ・レーベルのBULLMOOSEを立ち上げたこともありました。SALUさんも、マンハッタン・レコーズやメジャーのトイズ・ファクトリーでの経験を経て、現在はLDH内のレーベルとサインしている、と。ともにインディ・メジャーそれぞれ面白い道を歩んでいる稀有なラッパーだと思うんです。ともに経験や変化を経てきた今、居心地のいい環境ですか?

SALU:環境としてはやりやすいです。自分でマネージメント事務所を作って、そことLDHとでレーベル契約をさせてもらっているので。マネージメントは自分でやっているし、コントロールも効く。LDHは素晴らしい会社で、アーティストがやりたいことを尊重してくれるし、見込みがあればそこにお金を出すことも惜しまないんです。そこと、自分の気持ちや創作意欲や情熱がどうか、というのはまた別の話ですけど、環境としてはすごくいいです。

SKY-HI:俺も、やりづらいところは一個もないですね。去年はミックステープ『FREE TOKYO』も出させてもらってくらいだし。A&Rを担当しているのも、avexに籍はあるけど外部のスタッフとして働いている人で、制作の方もマネージャーも外部の人。いわゆる会社人がいないから、非常に自由にやらせてもらっています。まあ、やりやすいっていうのと居心地が良い悪いというのは別の話ですけど。それこそ、「システム」ってレーベルのことだけを言っているわけではなくて、国だったり時代だったりのことも歌っているわけです。毎日生きていて「居心地よく感じられるか」というとそうではないから。話していて思ったんですけど、僕にとってはスタジオに入って音楽を作っている瞬間が「say goodbye to the system」できているって状態なのかも。

SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」

Photo by Masato Moriyama

※SKY-HI×SALU 撮りおろし写真ギャラリー(全12点)

SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」


SKY-HI×SALU
『Say Hello to My Minions 2』
発売中

CD+DVD / CD+Blu-ray:¥4,320(税込)  
CD:¥2,916(税込)  

◎CD
01. No.5 (Prod. SOURCEKEY)
02. Run Ya (Prod. APRO)
03. Black Jack (Prod. SUNNY BOY)
04. Goodbye To The System (Prod. GroovyRoom)
05. Rosa (Prod. Chaki Zulu)
06. SS (Prod. SUNNY BOY)
07. Funny Game (Prod. SOURCEKEY)
08. Thanks To You (Prod. SOURCEKEY)
09. Things To Do (Prod. Chaki Zulu)

◎DVD/Blu-ray
(Music Video)
01. Goodbye To The System
02. Rosa
(Bonus Movie)
03. Behind The Scenes of Say Hello to My Minions 2

詳細:
https://avex.jp/skyhi/discography/

SKY-HI公式サイト:
https://avex.jp/skyhi/

SALU公式サイト:
https://www.salu-inmyshoes.com/