柴那典が語る、平成30年間のヒット曲の背景を書いた評論集
拡大する(全1枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2022年4月の特集は「最新音楽本2022」。パート4は柴那典著の『平成のヒット曲』にスポットを当てる。著者である音楽ジャーナリスト・柴那典本人をゲストに迎え、本の中で語られている30曲中7曲をピックアップして本の内容について語る。

田家秀樹:こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人・田家秀樹です。今流れているのは米津玄師さんの「Lemon」。2018年平成30年に発売になって、CD、配信、有線など様々な番組、メディアで1位を獲得しました。あらゆるチャートの1位を記録したと言っていいでしょうね。空前のヒットになりました。今日の前テーマはこの曲です。

関連記事:横浜の"ロック"ステーションTVKが音楽シーンに残した功績、兼田達矢と語る

今月2022年4月の特集は「最新音楽本2022」。音楽について書かれた本の特集をしております。今週は最終週で4週目です。柴那典さんの書いた本、『平成のヒット曲』のご紹介。新潮新書から出ております。タイトルにあるように平成の30年間のヒット曲を1年1曲ずつ選んで、その年がどういう年だったのか、その曲はどういう曲なのか、なぜヒットしたのか、なぜその曲を選んだのか、いろいろな角度から書いている本です。平成はどんな時代だったのか、曲を入口に分かってくる。音楽状況とか、社会的背景についても語られていくんですね。正統派の評論集です。