「中国訪問の日本人」が訪日中国人の半分以下に、商用も観光も減少  韓国人の訪中はさらに活発化=2015年統計

「中国訪問の日本人」が訪日中国人の半分以下に、商用も観光も減少  韓国人の訪中はさらに活発化=2015年統計
 中国政府・国家観光局(国家旅遊局)によると、2015年通年で中国を訪れた日本人は前年比8.1%減の249万7700人だった。訪中した日本人は商用、観光のいずれの場合も減少した。逆に韓国人の訪中は全体で前年比6.3%増の444万4400人で、商用、観光目的のいずれも、前年よりも増加した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国政府・国家観光局(国家遊局)によると、2015年通年で中国を訪れた日本人は前年比8.1%減の249万7700人だった。訪中した日本人は商用、観光のいずれの場合も減少した。逆に韓国人の訪中は全体で前年比6.3%増の444万4400人で、商用、観光目的のいずれも、前年よりも増加した。

 日本政府観光局によると、2015年に日本を訪れた中国人は499万超だったので、訪日中国人は訪中日本人の2倍以上になったことになる。

 商用で中国を訪れた日本人は前年比6.9%減の77万8100人、観光目的の訪中は11.8%減の39万2800人だった。

 商用で中国を訪れた韓国人は前年比6.2%増の110万5800人、観光目的の訪中は9.1%増の202万2400人だった。韓国の人口が日本の半分以下の5140万人程度であることを考えると、韓国人の訪中が極めて活発であることが分かる。

 米国人、英国人、フランス人、ドイツ人の商用目的の中国訪問も2015年には前年比で2%-5%程度減少した。観光目的の中国訪問も4%-10%程度の範囲で減少した。


 なお、親戚・友人訪問を目的として中国に入国した日本人は前年比15.1%増の5万3500人、韓国人は41.7%増の3万4300人だった。国際結婚あるいは日本/韓国国籍を取得した中国人の「一時帰省」が増えたと考えられる。

 日本人の場合には年間11-12万人程度が、韓国人の場合には40万人程度が「就業」目的で中国に渡航しているが、2015年における人数変化は前年比で1%未満だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
サーチナの記事をもっと見る 2016年1月20日の中国記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら