日本冷凍めん協会は6月5日、第21回通常総会を都内のホテルで開催した。白潟昌彦会長(同日開催の理事会で就任)は「昨年度の冷凍麺市場は価格改定の影響があったものの、おいしさ・簡便性・安全安心などが評価され生産数量は微増で推移した。
業界一丸でさらなる発展を図っていきたい」とあいさつした。

総会では前年度事業報告・決算報告、今年度事業計画・予算案を全会一致で承認。重点施策は

①会員への情報発信・共有を強化(HP拡充、勉強会・研修など実施)
②冷凍めんの認知拡大に向けた広報活動(全国高校生冷凍めん料理コンクール継続)
③RMK認定工場の自主監査を重点とした監査強化
④物流の適正化・生産性向上に向けた自主行動計画の実施

――など。

なお任期満了に伴い役員改選を実施。新理事は以下の通り。

▽会長=白潟昌彦氏(キンレイ社長)
▽副会長=岡田賢二氏(シマダヤ社長)、松田要輔氏(新任・テーブルマーク社長)、伊勢英一郎氏(日清製粉常務営業本部長)、木村富雄氏(ニップン取締役専務執行役員製粉事業本部長、6月27日付)、鳥居憲夫氏(全国製麺協同組合連合会会長)
▽理事=道添秀樹氏(フレッシュ・フード・サービス社長)、上和田公彦氏(日清食品冷凍社長)、大谷昌史氏(信越明星社長)、及川俊則氏(マ・マーマカロニ社長)、西山隆司氏(西山製麺社長)
▽理事・相談役=前場敏男氏(全国製麺協同組合連合会元会長・現理事)
▽専務理事=桑山和基氏(日本冷凍めん協会常勤)