新型新幹線「N700S」デビュー 13年ぶりフルモデルチェンジ

記事まとめ

  • 東海道・山陽新幹線の新型新幹線車両「N700S」がデビュー。
  • 13年ぶりのフルモデルチェンジ車両となっている。
  • 従来のN700系との違いにはロゴ、ヘッドライトなどが挙げられる。

13年ぶり新型新幹線「N700S」デビュー のぞみ1号で東京から博多へ N700Aとの違いは?

東海道・山陽新幹線13年ぶりの新型新幹線車両「N700S」がデビュー。東京発博多行きの一番列車「のぞみ1号」発車にあわせ、出発式が開催されています。N700Sの特徴、従来のN700系(N700A)との違いについてもまとめました。

2年以上の走行試験期間を経て 東海道・山陽新幹線に「N700S」デビュー

 東海道・山陽新幹線に2020年7月1日(水)、13年ぶりのフルモデルチェンジ車両「N700S」がデビューしました。

 一番列車は、東京発午前6時ちょうどの博多行き「のぞみ1号」で、終点の博多へは10時52分に到着予定。どの列車が一番列車になるかは、密集を避けるため公表されていませんでした。

 N700Sの一番列車出発にあわせ、東京駅14番線では式典が開催され、JR東海の金子 慎社長は「安全性、安定性、快適性、環境性能、全ての面において最高の性能を有した『最高の新幹線』を自負しております。また線区の特性によって展開できるグローバルスタンダードの車両を目指しています」とあいさつ。そして花束贈呈、記念撮影ののち、定刻の6時ちょうど、N700Sの一番列車は警笛を響かせて出発しています。

 なお「N700S」の「S」は、「最高」を意味する「Supreme」が由来です。

13年ぶり新型新幹線「N700S」デビュー のぞみ1号で東京から博多へ N700Aとの違いは?

東京駅で開催されたN700S出発式(2020年7月1日、恵 知仁撮影)。

 N700Sは、最初に製造された確認試験車で2018年3月から走行試験を開始。その成果を受けて製造された量産車で今回、営業運転を開始しました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。