巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

お皿洗いひとつとっても、ここまで違う日本とドイツ

ライター情報:柴山香

この状態から、食器を水揚げして終わり。どう考えても、洗剤たっぷりついたままです。

[拡大写真]

ごく平均的なドイツ人一般家庭の、食後の後片付け風景。食器洗浄機の普及率が驚異的に高いドイツではありますが、洗浄機での使用に耐えないデリケートな銀食器やガラスの食器類は、もちろんひとつひとつ丁寧に手洗いします。
ところで、ドイツ人が使用済み食器を手洗いする方法を目にした日本人なら、10人中(恐らく)10人までが、「オイオイ、こんな方法でいいのか?」と、少なからずカルチャーショックを受けるはず。実際、ドイツ人と結婚した在ドイツ邦人の中で、ドイツ人の義理母の食器手洗い方法を目にしたことが、結婚後、最初にして最大のカルチャーショックだったと回想する人が何人もいるくらいです。

それでは、ドイツ人は一体どのような仰天手順で食器を手洗いするのでしょうか。
まず、キッチンの深いシンクに、素手では触れないほどの熱い湯をなみなみと溜め、そこに食器洗い用の液体洗剤をポタポタと数滴たらし、軽く泡立つ程度にかき混ぜます。この時、お湯と洗剤の順序をうっかり逆にしてしまうと、シンクのお湯がブクブクに泡立ちすぎて失敗しますので、注意が必要です。
次に、この湯の中へ、使用済み食器やフォーク、ナイフを一斉にざざーっと流し入れたら、両手にゴム手袋をはめ(シンクのお湯が余りにも熱いため)、台所スポンジやブラシを使って、食器の汚れを湯の中でささ~っと落としながら、食器を次々にカゴにあげていきます。

これにて食器手洗いは完了です。は? いえいえ、食器はすすぎません。

ライター情報: 柴山香

ドイツ在住16年目。独日通訳、日本語教師など、数足のわらじが玄関に並ぶ。

2011年12月18日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!