今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「キングオブコント2016」採点データ分析で見えたバナナマン設楽の冷静な採点

2016年10月3日 13時00分 ライター情報:井上マサキ
10月2日(日)に放送された『キングオブコント2016』(TBS系列)。総エントリー数2510組の中から、ライスが9代目キングの座を射止めた。(「褒めてくれぇぃ〜」キングオブコント2016優勝ライス会見詳細レポ
イラスト/小西りえこ

最後までライスと競っていたのはジャングルポケット(以下ジャンポケ)。同点1位でファーストステージを通過し、ファイナルステージのネタ順は5番目のトリ。ジャンポケの点数発表は番組のクライマックスとなった。

このジャンポケの点数発表に「バナナマン設楽の点数だけ低い」「おかしい」という声がTwitter上であがっていた。なにが起こったのか、昨年同様に採点データからキングオブコント2016を振り返りたい。
(昨年の記事はこちら→「キングオブコント2015」採点データ分析で見た意外な真実。さまぁ〜ず三村が鍵を握っていた
『キングオブコント2016』採点データ。審査員がつけた最高点を赤、最低点を青としている。

目の前の決戦を取るか、全体の評価を取るか


キングオブコント2016の審査は、松本人志・さまぁ〜ず・バナナマンの5人が審査員となって行われる。1人100点×5人=500点満点での採点。ファーストステージ上位5組がファイナルステージに進み、2つのステージの合計点で優勝が決まる。昨年から採用された審査方式で、今年も内容は変わっていない。

ファイナルステージのジャンポケの採点を見てみると、設楽・日村・三村・大竹・松本の順に88,94,91,95,96という点数になっている。他の審査員が全て90点以上の高得点を付けているなか、設楽のみ88点。ここだけ取り出すと「設楽だけ低い」という印象になるかもしれない。

この点数について、司会の浜田雅功にコメントを求められた設楽はこう答えている。

設楽:ジャンポケ、1本目のネタが素晴らしかったんで、それとちょっと比べちゃったところありましてね。

設楽はジャンポケの1本目のネタと2本目のネタを比べて点数をつけていた。1本目につけた点数94点を基準に、2本目の点数を考えたことになる。設楽の採点は85点〜94点の間に収まっており、平均点は89.67点。ジャンポケの2本目は設楽にとって「良くも悪くも」という位置だったことになる。

他の4名はどうか。同じく最後のコメントの内容を見ると、日村・三村がライスを、大竹・松本がジャンポケに軍配をあげている。

大竹:いや、やっぱ最後ジャングルポケットよかったですけどね。ん〜なるほどライスもよかったなぁ〜
日村:最後はジャンポケ対ライスだったんで、点数どうこうじゃなく迷ったんですけどね〜。

ライター情報

井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!