今注目のアプリ、書籍をレビュー

3

「監獄のお姫さま」4話「バック・トゥ・ザ・フューチャー」高笑いからの悲哀、クズ男たち爆誕イエイイエイ

2017年11月14日 09時45分 ライター情報:大山くまお
「もしタイムマシンがあったら、自分が生まれる前の時代に行きたいわ」
「そんで、お父さんとお母さんが絶対に出会わないように、先回りして邪魔してやるの。そしたら、私みたいな面倒くさい女も生まれてこないし! 母さんも……あんな死に方しなくて済んだと思うから」

面会室で泣きながら父親に向かって語る菅野美穂。彼女がさっきまで高笑いしながら観ていた映画は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』! すごいセリフを書くものだ。さすがクドカン。

宮藤官九郎脚本、小泉今日子主演の火曜ドラマ『監獄のお姫さま』。罪を犯した5人の女と1人の看守が、1人の男に復讐をするというお話。笑って笑ってほろりと泣けるドラマだ。先週放送の第4話は、女たちを刑務所に送った3人のクズ男が登場した。
イラスト/まつもとりえこ

浮気、裏切り、借金……クズ男3連発!


まずは、馬場カヨ(小泉)の夫、武彦(赤堀雅秋)。温厚そうな見た目に反して、大変なクズ。職場で活躍する妻に嫉妬し、家で「俺だって辛いんだよ!」と怒鳴ってグラスを投げつける。これが浮気した側の態度なんだから信じられない。「俺は辛かった。だから浮気した。そういう男と結婚したあんたが悪い。そっちも浮気すりゃ良かったじゃん」と半笑いで言い放つ。第2話で一度、吾郎(伊勢谷友介)の声で聞いているセリフだが、今回のほうが数倍凶々しい。そして、カヨは夫を刺してしまい、刑務所に入ることになる。の男が面会で穏やかな表情を浮かべていたのは、離婚届に判を押させるためだった。どこまでもクズである。

武彦を演じている赤堀雅秋は岸田國士戯曲賞を受賞している劇作家で、三浦友和が不穏極まりない父親役を演じた映画『葛城事件』の監督・脚本もこの人の手によるもの。道理で不穏なはず! 

次のクズ男は、“姐御”こと明美(森下愛子)の夫、関東極端会三代目組長の足立鉄也(高田純次)。妻を罠にハメて警察に逮捕させ、その隙にシャブの取引を成功させるというクズっぷりだ。利益額はなんと400億円。姐御は夫のために罪を認めるが、鉄也は面会室で離婚届けに判を押すよう頼み込む。「必ず迎えに来るから」と言っていたが、まったく信用ならない。

そして、三番目のクズ男は、“財テク”こと千夏(菅野美穂)の父、孝保(ベンガル)だ。孝保は小さな会社を経営しており、羽振りが良い時期もあったが、決定的に先を読む才能が欠けていた。「これからはベータマックスの時代だ」と宣言するも商売に失敗。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    第5話。また爆笑させられて、最後は涙が止まらなかった。

    2
  • 匿名さん 通報

    今期のドラマはこれしか観てないです。毎週とても楽しみです。

    1
  • 匿名さん 通報

    姉御が可愛いんだよなぁ

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!