今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

「劇場版マジンガーZ/INFINITY」を観る前にTVアニメ版1話を初めて観た、衝撃が走った、描いた

2018年1月14日 09時45分 ライター情報:たきりょうこ
1月13日公開『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』
私が漫画アシスタントとして働いている職場のうめ・小沢高広先生が脚本担当ということで、仕事中話題に上がります。
イラスト/たきりょうこ

イラスト/たきりょうこ

ぼんやりしか知らない3人が30秒でうろ覚えチャレンジした結果
イラスト/たきりょうこ

ごらんの有り様です。誰も実像がつかめてない、伝説の何か。
ということで伝説を確かめるべく、初代マジンガーZアニメ第一話を観てみました。

時間の使い方がすごい


イラスト/たきりょうこ

会話のテンポがとても早いです。相手の話終わりにかぶせる勢いでめちゃくちゃ食い気味に話します。漫才のスピード感。あしゅら男爵、上司まだ喋ってるよ!
物語の展開も早く、「世界征服をたくらむDr.ヘルが機械獣を作ってて、対抗する技術は兜博士が持ってるよ!」っていう、世界観とやりたい事の説明が10分くらいで全部終わります。このスピードはすがすがしい。
その分細かいところで引っかかりは残るんですが、1話目はどうしても伝えたい情報が多いから詰め込まざるを得ないんだろうな…と思って観てたら
イラスト/たきりょうこ

バイクの移動シーンはたっぷり時間を使います。歌詞付きの音楽を流して45秒くらい。な、なんで!?
第一話には「出動シーン」がないから、その代わりなんでしょうか。魔法少女の変身シーンみたいなものかもしれない。

死の描き方が軽い


主人公は二日間でたて続けにお手伝いさんと祖父を亡くしますが、泣いて悲しんだ後すぐコミカルなシーンに入ります。感情の切り替えがめちゃくちゃ早い。遺体もそのまま放置です。救急車呼んだり、警察呼んだり、遺族に連絡とったりしない。古い作品だといきなり土葬もよくありますけど、それもない。
イラスト/たきりょうこ

弟は兄の誤操作で殺されかけてもまったく気にしません。トラウマになったり、兄との関係が気まずくなったりしない。
第二話では主人公とヒロインが機械獣と戦いますが、「戦って死ぬかもしれない」みたいな感情の描写はなく、人類の未来を背負ってる事へのプレッシャーもなく、主人公とヒロインが若干イチャついたあと
イラスト/たきりょうこ

このセリフで初戦に向かいます。戦士としてメンタルの資質がはんぱない。

思ってたよりずっと「ヒーローもの」だった


マジンガーZと言えば「パイロットが搭乗して戦う巨大ロボットものの草分け」というイメージが強く、なんとなく
イラスト/たきりょうこ

このへんの仲間だと思ってたんですが
イラスト/たきりょうこ

こっちの仲間だったんだー!という印象です。ぼんやりしたイメージしかなかった私のいちばんの勘違いポイントでした。
音楽つきの出動シーンに時間を使うのも、ヒーローものなら見たことある。

ライター情報

たきりょうこ

漫画アシスタント/ライター/イラストレーター  元SE。細かいことを気にする映画の感想・おおざっぱな体験レポートなど。書いたものは全部楽しんでます。

URL:Twitter:@ryoko_t3

「「劇場版マジンガーZ/INFINITY」を観る前にTVアニメ版1話を初めて観た、衝撃が走った、描いた」のコメント一覧 5

  • 温州ミカン 通報

    原作者がイタリアのアニメフェアに招かれて行ったら、現地のスタッフにイタリアには凄いアニメがあるけど日本には無いだろう自慢されたらしい。自分の作品見せられながらw

    11
  • 匿名さん 通報

    グレートやグレンダイザーで幼児だった世代的にはリメイクのたびに 毎回毎回ミケーネとの未決着が放置で毎回毎回ドクターヘルなのが 「見たかった続き」とは言えない

    11
  • 匿名さん 通報

    そりゃあガンダム以降のリアルロボット物は、マジンガーZに代表されるスーパーロボット物に対するアンチテーゼの側面が強いんだもん。違うのは当たり前。

    10
  • 匿名さん 通報

    テコンVをパックったマジンガーZの劇場版をこのタイミングで作るなんて、どれだけ韓国人の誇りを踏みにじるつもりだ。

    10
  • 匿名さん 通報

    >TV版第一話はこちらで観れます。  見ました。突っ込みつつも、面白かったです。

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!