今注目のアプリ、書籍をレビュー

2

テレ朝の刑事ドラマ増えすぎだろう!「未解決の女」波瑠と鈴木京香がバディで新シリーズ1話を考察

2018年4月26日 09時45分 ライター情報:北村ヂン
「『名探偵コナン』ワールドではどんだけ殺人事件が起こってるんだよ!」……というのは定番のツッコミですが、テレ朝ワールドもなかなかのものだ。

今期だけでも、『警視庁捜査一課9係』からリニューアルした『特捜9』、第3シリーズ目となる『警視庁・捜査一課長』、そして新シリーズの『未解決の女・警視庁文書捜査官』と3本の刑事ドラマが放送中。

平日の夕方には『相棒』や『科捜研の女』あたりの長期シリーズがしょっちゅう再放送されているし、刑事物のスペシャルドラマも定期的に放送されている。「テレ朝、刑事ドラマ作りすぎ!」状態なのだ。

そして、そのどれもが手がたい視聴率を取っているというのも興味深い。

基本的に1話完結で、何だかんだあって主人公がズバッと事件を解決するストーリーも、だいたいフォーマットが決まっており、安心して見ていられる。

テレ朝の刑事ドラマは、時代劇なき時代の『水戸黄門』みたいなポジションになっているのではないだろうか。

そんな定番の長期シリーズがひしめくテレ朝刑事ドラマ界に、新規シリーズとしてはじまったのが『未解決の女・警視庁文書捜査官』(テレビ朝日・木曜21:00〜)。

同じ刑事ドラマとはいえ、各シリーズごとに「遺留品」だったり「検死」だったりと独自のテーマが設定されているのだが、『未解決の女』のテーマは「文字」だ。
イラストと文/北村ヂン

長期シリーズ化する予感マンマン


「第3強行犯捜査・殺人犯捜査第5係」の最前線でバリバリ活躍していた熱血刑事・矢代朋(波瑠)だが、大けがからの復帰後、「特命捜査対策室第6係」への異動を命じられる。

「第6係」とは、警視庁の地下にある「文書保管倉庫」の中という、いわゆる『ショムニ』みたいな場所にある、未解決事件の資料の整理と管理を担当する、倉庫番のような部署。

そこで「倉庫番の魔女」と呼ばれる文書解読のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)と出会い、誰からも捜査を期待されていない中、熱血バカの矢代がやる気のない成海を巻き込み、過去の資料などの「文書」を鍵に未解決事件を解決していく。

熱血バカと知性派という組み合わせは定番ではあるが、波瑠と鈴木京香という女性バディは新鮮で、クールビューティーな役どころの多かった波瑠が演じる「大丈夫なの、この子?」と言われるほどの熱血刑事っぷりもかわいらしかった。

その周りを、遠藤憲一、高田純次、沢村一樹、光石研といった安定の役者陣が固め、脚本は『あさがきた』でも波瑠と組んでいた大森美香。

ライター情報

北村ヂン

群馬県出身。ライター&イラストレーター。珍奇でバカでサブカルチャーなものが主な取材対象。「デイリーポータルZ」や「日刊サイゾー」などで執筆中。

URL:Twitter:@punxjk

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    >脚本は『あさがきた』でも波瑠と組んでいた大森美香。  ミステリーもいける口なんですね。

    1
  • 匿名さん 通報

    『相棒』以外は全部「捜査」あるいは「捜」の字が入っていて区別がつかない(*_*)

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!