「ピングー」13年ぶりに新作が登場 制作はポリゴン・ピクチュアズ

「ピングー」13年ぶりに新作が登場 制作はポリゴン・ピクチュアズ
拡大する(全2枚)
(C)2017 The Pygos Group / (C)MATTEL, NHK, NEP, PPI
1986年にスイスで生まれたキャラクター『ピングー』の新作TVアニメシリーズの制作が決定した。タイトルは『ピングー in ザ・シティ』となり、10月7日よりNHK Eテレにて放送がスタートする。新作はCGアニメーションに生まれ変わり、アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズが行う。

『ピングー』は南極に住むペンギンの子供・ピングーと仲間たちの日常をコミカルに描いたショートアニメ。スイスの映像作家であるオットマー・グットマンが1986年にパイロットフィルムを発表し、ベルリン映画祭で上映されると大きな反響を集めた。
1990年からはスイスでTVアニメシリーズの放送がスタート。日本やイギリスなど世界155以上の国と地域でオンエアされ、子供から大人まで幅広いファンを得た。これまでに約5分間のエピソードが156本、25分のスペシャルが1本制作されている。

『ピングー in ザ・シティ』は2004年以来、13年ぶりとなる新作である。これまでのシリーズはクレイの人形をコマ撮りするストップモーション・アニメだったが、新作ではオリジナルの風合いを活かしたCGアニメーションに生まれ変わる。物語の舞台も白い氷の村からカラフルな都会の街に移り、ピングーがシェフ、サッカー選手、フローリストなど、子供たちの憧れの仕事にチャレンジする。
監督には『ペコラ』を手がけたイラストレーター・キャラクターデザイナーのイワタナオミを起用した。脚本はうえのきみこ、田辺茂範、音楽はKen Arai、アニメーション制作は『

この記事の画像

「「ピングー」13年ぶりに新作が登場 制作はポリゴン・ピクチュアズ」の画像1 「「ピングー」13年ぶりに新作が登場 制作はポリゴン・ピクチュアズ」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク