Nintendo Switchの中古価格、新品よりも平均1万5000円高く

 家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」本体のC2C市場における価格が、値上がりを続けている。すでに新品価格を大きく上回っており、1万円以上高い値段設定も珍しくない。新型コロナウイルス感染症の影響による生産・出荷の遅れや、拡大防止に向けた外出自粛要請が出ていることなどから、需要と供給のバランスが崩れている状況だ。

 国内最大級のショッピング・オークション相場検索サイト「オークファン」で、「Nintendo Switch 本体(Lite除く)」の価格相場を「入札が多い順」で並べた結果、ページ内(1~51件)の平均価格は4月21日11時時点で4万5067円。メーカーの希望小売価格である税別2万9980円と比べて、1万5000円以上高い。
 同じ条件で4月3日に検索した際は、平均価格が3万8314円だったことから、徐々に値上がりしていることが分かる。「あつまれ どうぶつの森セット」など、特別なモデルが含まれていることも要因のひとつだろう。フリマアプリ「メルカリ」でも、「新品未開封」などと書かれた商品が高額で出品されており、あげればキリがない。
 任天堂は2月初めごろから、Nintendo Switchの生産・出荷に遅れが出る可能性があると発表していた。4月2週目には一時出荷が停止し、3週目に再開。以降はオンラインを中心に販売することで、転売目的の来店者などによる店頭の密集状態の回避をはかる。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク