販売台数日本一のミニバンに…「アルファード」がここまで売れる車になった理由

 トヨタの次期型「ノア」および「ヴォクシー」の情報がメディアで飛び交うようになった。本来ならば年内に発表予定ともされていたが、デビュー予定は2022年1月13日と、若干延びた形となっている。この背景には、世界的なサプライチェーンの混乱があるのではないかと考えられる。

 なお現行モデルでは3兄弟を形成していたが、「エスクァイア」の次期型はラインナップされない。現行ノアとヴォクシーが属するのは“5ナンバーハイト系ミニバン”などとも呼ばれるカテゴリーとなり、最近の日本車では珍しく、日産「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」というガチンコでキャラクターのかぶる他メーカーライバル車が存在し、日本国内では売れ筋クラスといわれている。

 そもそもは、「タウンエース バン」や「ライトエース バン」など、キャブオーバーバンの乗用車版として、「タウンエース ワゴン」「ライトエース ワゴン」、そして日産では「チェリー/サニーキャブ」、そして後継の「チェリー/サニーバネット」などを源とし、その後ミニバンスタイルを採用するノアやヴォクシー、セレナ、そしてステップワゴンも加わり、今日に至っている。

 しかし、次期ノア&ヴォクシーは、現行モデルでも一部3ナンバー仕様があるものの、次期型では全車本格3ナンバーサイズとなるとのことなので、セレナやステップワゴンも今後フルモデルチェンジを経て、それに追随するのかどうかも注目に値するところ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク