bit

ファン必見のカエルグッズコレクション展

ファン必見のカエルグッズコレクション展
「楊枝立て」いろいろ
先日のコネタでもお知らせしたが、2008年は「国際カエル年」。このキャンペーン年の今年、東京・吉祥寺の井の頭自然文化園では、「カエルの文化面」をご紹介という形で、7月8日から12月28日にかけて、「小澤一蛙展―貴重なカエルコレクションの展示―」なるカエルグッズを集めた特設展示が開かれている(同園彫刻館B館にて)。

先週末に、この「小澤一蛙展」を紹介するガイドツアーが行われるということで参加してきた。案内してくださったのは、福島県喜多方市にある「100年カエル館」館長の高山ケロリさんと、カエルづくしの専門紙『カエルタイムズ』の編集長、高山ビッキさんのご姉妹。高山ケロリ&ビッキさんは、一蛙さんと同じくカエルにちなんだ名前で活躍している、カエルファンの間では知る人ぞ知るお二人。

本展は、故・小澤一蛙(いちかわず)さん(1876年~1960年)のコレクション群を公開したもの。小澤一蛙さんとはもちろん本名ではないが、小澤さんは造幣局に勤める傍ら、カエルグッズに魅せられ、収集をはじめとして、詩歌や童話などにおさめられたカエルについての研究も行っていた元祖カエルグッズ・コレクター。

お二人のお話によると、小澤さんがカエルグッズの収集をはじめたのはなんと1903(明治36)年! からだという。ただ、残念なことに1923(大正12)年の関東大震災でそれまで集めていた2000点ほどを失ってしまったらしいのだが、その後、再び収集をはじめて1960年に亡くなるまでに3000点くらいを集めたという。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年7月25日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース