bit

マボロシとなった金沢-釜山航路

マボロシとなった金沢-釜山航路
釜山からの国際フェリーがやってきた、こじんまりとした金沢港施設。韓国語で「ようこそ! 金沢港へ」と書かれている。
韓国に行くなら船旅がおすすめだ。時間はかかるが、国境という見えない線を越えて隣の国を訪れるという旅情は、たった2時間の飛行機の旅では決して味わえない。
日本から韓国に行くフェリーは大阪・福岡・下関などから出ており、全てのコースを制覇したいと思っていた筆者だが、最近、残念なことが起きてしまった。今年6月に誕生した金沢-釜山航路が、たった5カ月で突然の休業、幻のルートとなってしまったのだ。

10月28日、ウェブサイトで船の運休を発表した東日本フェリーの担当者は、「石油の高騰により事業として続けることが難しくなり、今回の休止となりました。再開のめどはまだ立っていません」と電話取材に答えてくれた。
29日に金沢から釜山へと出発した船が最終便となった。記念イベントなどは特に行われなかったということだ。

金沢と釜山を結ぶ国際フェリー「パンスター・ハニー号」は、週1回、日韓を往復していた。
月曜13時に釜山港を出たフェリーは、翌朝10時に金沢港に到着。水曜15時に再び金沢港を出発し、翌12時に釜山に到着するというスケジュールだった。片道料金はスタンダード(相部屋)で1万6000円、最高級のプレジデントスイートで25万円。船内には食堂や浴場、コンビニのほか、ルーレットやゴルフの打ちっぱなしスペース(!)が用意され、マジックショーなども行われていたという。
小松空港から仁川空港まで飛行機で約1時間30分であることを考えると、かなり時間はかかるが、施設が整ったフェリーでの旅は貴重な思い出になったことだろう。用事はなくても早く乗っておけば良かったと悔やまれるばかりだ。

あわせて読みたい

  • 「ヨン様岩」を見に行った

    「ヨン様岩」を見に行った

  • 韓国のミスドは、かなり進化している

    韓国のミスドは、かなり進化している

  • かくし味はパフォーマンス。韓国庶民派カクテルの世界

    かくし味はパフォーマンス。韓国庶民派カクテルの世界

  • 韓国の国民飲料・お米のおこげ湯をお土産に

    韓国の国民飲料・お米のおこげ湯をお土産に

  • コネタの記事をもっと見る 2008年10月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース